FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

ねこと

この頃の関心事は「社会」なんだろうなと自覚している。嘆いても憂いてもどうにかなるわけでもないと割り切っている部分の大きさが日に日に拡大しているような具合で、肝心なのがそうじゃない「気持ち」の部分なのだと思うようにしている。


結局自分は自分の限界的なところとの勝負をしていないとダレてしまうようで、社会の中でどう動いてゆくかについてもなるべく意図的にやっていたいんだろうなと感じる。



その一方で3匹いる猫とただじゃれ合っている時間も理屈抜きで幸せだし、気難しい話は求められているのか?という心境になってしまうのも確かである。その豊富な内容は語るという事には適さないらしい。



意識は「社会」と「猫」の間を揺れ動くものとして存在しているかのようである。

4月30日

平成最後の日という事で、少しソワソワしてしまう。世の中が明日から劇的に変わるというわけではないけれど、『雰囲気を改めよう』という気持ちになるかも知れない。



半分くらいは趣味が『勉強』になってきていて、心境が変わってくると学ぼうと思う事も変わってくる。今日みたいに「情報」が同じテーマに偏ってくると自然と「知りたい」と思っていることが顕在化してくるような感じもある。



上手くは言えないが、その興味から行きついた所で何かを得て作品にしていけたらいいのかなと思う。それにしてもヒシヒシと感じるのは『過多』というか世の中にある作品の膨大さである。最近は漫画をあまり読まなくなっているけれど手塚治虫の作品は読みたいなと思い始めていて、だけど何から読めばいいのかという悩みも出てくる。



平成という時代も終わって平成も過去になるのだから、と思うと昭和の捉え方も少し変ってくる。この時代を客観的に捉え直して評価するようになる場合に、何が浮かび上がってくるのか。

緑の地平

何かに導かれる そんな心地さえする

案外デタラメは無くて こう感じるのも必然だとしたら

これまでと思っても その度に見つかって

広がる緑の地平は心を潤す


大丈夫だよと思うほど集まった光


もう少し夢を見ていよう

形式的な

ちょっとしたトラブルで始まった一日。ただ、思いの外都合のよい事もあり寧ろ運が良かったんじゃないかと感じた部分もある。それ以外は何かに追われているという事がなく、ちょっと思い出に浸ったりしているうちに発見があって創作活動の方で良い影響がありそう。


連休中に友人に会える機会があるのかは分からないけれど、マイペースでやれる事を探しているうちに時間が過ぎてゆきそう。明日は平成最後の天皇賞で、面白いレースになるんじゃないかという予感がある。


『期待』というのは形式的なものとして実感がなくても存在する場合があると思う。まだ先の話になると、それがほぼ確実に実現すると思う部分があっても確実ではないし、そもそも具体的にどういう風に実現するのかイメージするのは難しい。形式的な期待と、形式的な振舞いというのは結びついていて、「こうした方が良い」という判断の集まりもその結果の具体性に欠けている場合には続けてゆくのは難しくなる。



『活動』の先に見えているものも時として「形式的な期待」としてしか捉えられていない場合もある。いつか実感された何かを上手に取り戻せるなら…遠回りしてでも取り戻せるなら、熱い気持ちは蘇ってくる。



「自分を何処かに連れてゆく」ような何かを作れるなら、それも一つの「自己愛」のカタチで、形式的な期待に実現するイメージや雰囲気を与える。それ自体が裏技のようですらある。


また地平に。

どこまでの事

晴れやかな気持ちには大して言葉は要らない。音をかき鳴らす事が上機嫌の証だというのなら、そのままそんな感じ。連休で世の中はどういう風に動いてゆくのか、それとも本当にオフモードになるのかは分からないものの、何であれバタバタする必要もないんだろうなと思っている。


100均のまねき猫のオブジェが規則正しくリズムを刻んでいる。


課題がないわけではない。やるべき事はあるし、リスクだって存在していると思われる。ただシンプルに考えてゆくと、とても難しいことを何とかしてしまっている現在で自然と挑戦する方に傾きだしているというのが全てを語っていると思う。



どこまでの事が出来るだろう。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR