FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

創作をしつつ

短編が書けて良い感じ。


小説論になるけれど、ここで書く短編の設定で「季節性」と「地元」を含めるようにしているけれど
もう一つ重要なのが『関係性』。少ないながらも登場人物の関係性というのが話を進めるポイントに
なるのだけれど、たとえモノローグであってもどこかに『他者』の存在があるというのかそれなしに
は行動が起らないような場合があるという事を意識しつつ関係性を選ぶようにしている。


分かり易い『友人』という設定も、孤独が語られる現代ではネット上のフォロワーとか独特の関係も
あるし、作中の関係がリアルなのかどうかは人それぞれかも知れない。それでもネットでの活動を小
説にするわけにもいかないし、やっぱり実際に動きがあるから語られ得る事になるのだと思っている。



でも『君の名は。』なんてばりばりスマホありきで現代の話だし、人間関係にしても何処かふわっと
したものになっている。『知っているか』、『知っていないか』のその間のもどかしさを巧みに表現
…とかありきたりの批評をしてみなくてもリアル感はとても感じる。むしろサザエさん的なコミュニ
ケーションはファンタジーのようにさえ思えてくる。それが良いという人もいるけれど。



仕事で自分より若い世代の人と一緒に働いているけれど、感覚は何となく了解できる。童顔ゆえ実年齢
より5、6歳若く見られて20代だと思われてしまうけれど既にそれなりに経験していて冷めた部分も
持っていて、趣味もおやじ臭いものもある。深みというのもおこがましいかも知れないが、そんなもん
だと思っている事よりももうちょっと難儀な実情とか理不尽とかを十二分に表現した作品を書こうとす
ると、あっさりし過ぎて「それのどこが面白いんだ?」というような感じになってやしないか不安にな
ってくる。



『メタ』というか、どこまで自分のリアルを取り込むかという事も考えものである。『麗しき人の夢』
が停滞しがちなのだが、あれは小説を書いたり意識する自分も含めているからかなり自分に接近して
いて自分を客観視できるようになった時に続きが書けるという事情がある。同様に現実世界の設定を
『創作をする自分』も含めて取り込むと入れ子状態でかなり複雑な語りになってしまうので停滞しが
ちだが、その分最も説得力があるというか。とはいえ、そろそろ長編の方も続きが書ける手応えがあ
る。
スポンサーサイト
コメント
ブログを拝見しました
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
2016/11/03(木) 09:10 | URL | つねさん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR