FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

秋の始まり

秋の訪れを感じ始める。ここかしこに。夜の虫の音は少し前まで騒がしかった蝉よりも優しく穏やかで、自然のBGMに浸れるくらいの地方の土地は幾分過ごし易くなってくる。夏の終わりに何となく切なくなり「花火」と一緒に聴きたくなるあのアーティストの代表曲を聴いて


<今年も終ってしまったなぁ>


と感慨に耽っていたのも数日前で、早くも秋の情緒がもたげ始めている。個人的には何か「すっきり」というのかスーッとする季節だと思う。私は漠然と何かをしてみたくなった。


「いつも『何か』って言うけれど、その『何か』って何よ?」


私のそんな気持ちを削ぐかのように彼女は「何かしてみようかな」という呟きに咬みついてきた。


「そりゃあ、音楽とか読書とか、スポーツとか色々あるだろ?」


個人的に尤もな言い分だと思うのだが彼女は気に食わないらしい。


「あるけど、結局その何もやらないのがいつもじゃない。いつも」


「いつも」というところを強調されたが、彼女と付き合ってから3年目なので3年間で「いつも」と言われるのもと言い返しそうになったがそれを言ったらデリカシーがない人間だなと思ってしまったのでどうも否定しにくい。「まあ最近はね…」と述べてから、


「でも学生時代は結構身体動かしてた方だし、そこそこ趣味を続けてたんだよ」


という風に答えた。それは事実だった。今でこそ地元に戻ってきて大して活動的ではない傾向がある地域で持て余し気味だけれど、何かきっかけさえあればまたやりたい事をやるかも知れない。


「あたしも人の事言えないけどさ、やりたいって思ったらすぐ始めちゃえばいいんじゃないの?」


「そうだけど。なにか目標がないとやり難いでしょ」


「まあ…そうね」


そう言うと彼女はスマホを弄り出した。私はそこまでSNSに浸かっているわけではないけれど、彼女はバリバリのツイッターユーザーで、時々面白いツイートとかを見せてきたりする。しんどくないのかなと思うくらいにマメにやりとりしたり写真をアップしたりしているので尊敬する反面若干引いているかも知れない。そして今も何か面白い事を見つけたのかうきうきしたような表情でこんな事を言う。


「そうだ、わたし良い事思い付いちゃった!!あれやろうよあれ!!」



「あれ」って何だよ。と言う間もなく彼女は続けた。


「ほら、ポ〇モンのゲーム!いま流行ってる!」



なるほどそうきたか。実を言うと世代的にやりたいゲームではあった。でも発表された直後みな一生懸命なのが何か不気味に思えたし、設定がなんとなく面倒くさそうだったので様子見していたのである。


「まあ良いけどさ、でも流行っているっていうかちょっと落ち着いてきたんじゃないの?」


「でも友達とか結構続けてるし、この辺でも場所によっては十分モンスターでるっぽいよ?」


ネットの情報で地方は冷遇されているという話を聞いたのも躊躇った理由の一つでもあった。


「ピッ〇とか可愛いじゃん。あとイー…なんだっけ?」


「イーブ〇だな。あれも人気あるみたいだよね」


なんて言う風にポケ〇ンの思い出話で盛り上がっているうちに説得されて二人で「GO」をダウンロードしてしまっていた。設定も思いのほか楽で、アカウントを適当に作ってゲームが始まる。戸惑いながらも指示に従って最初の3匹のモンスターの中から一匹を無事捉まえる。


「何にした?あたしはカメちゃん」


「普通はヒ〇カゲじゃないの?」



この時点で家の中から外に出ていたのだが、ここから本格的にゲームが始まって若干投げ出されたようになる。ここから何をすればいいのか?


「とりあえずさ、散歩してこない?」


「え…?」


彼女の一言に一瞬驚く。だが次の言葉で私は妙に納得してしまう。


「運動になると思って勧めたんだよ。せっかくだから二人で散歩しながら、ね?」


女性の話は繋がっていないようで意外と考えられていると思う事があるけれど「何かをしたい」という私の言葉を受けての事だったのかと感心する。


「う…ん。そうだなそれもいいかもな」


というわけであんまり建物もない田舎の道を結構楽しげに歩いている男女になってしまった私達。思ったのと違うような気もするけれど、「何か」は始まったのかも知れない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR