FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

夢十夜⑤

こんな夢を見た。

社会保険料控除…
医療費控除…
扶養控除…
配偶者控除…
所得から、これらを引いてみると…どうなることか…
あぁ、こんなにも所得税が出る。
なんとかならぬものか。

私の仕事は税理士ではないはずなのだが、何故かクライアント(洒落た言い方をすれば)の所得税の計算をしていた。
『もう少し税金安くなりませんかね?』
そのクライアントは泣きそうな顔で私にすがりつく。
『節税対策を考えてはいるんですが…、ちょっとこれ以上は難しいかもしれません。』
『そこをなんとかお願いしますよ…』

クライアントから報酬を頂いている都合上、もし脱税まがいのことをしてそれが発覚した場合、責任のほぼ全てを追及されることを極度に恐れている私は、そこをなんとか出来ない。
『…いいですか、所得税がこれだけ出ているということはですね、儲かっているということなんです。払えるお金が計算上は無い訳が無いのです。いくら無慈悲な国でも…あぁ、いやどこぞの半島の恐ろしい国などは例外かもしれませんが、儲かっていない人からは所得税を取れるようにはなっていません。』
このように説明し、諭すしか私にはできない。

夢というものは、ひたすら絶望的状況に陥るものと、最後にミラクルが起きてしまうものの概ね2種類に分類される。
私は惰眠を貪りながらも、『これは夢であるから、最後にはどうにかなるのだろうよ』という甘い考えを持っていた。
しかし、私は大いなる過ちを2つ犯していた。
まず一つ目であるが、結果論からいうと今回の夢は最後までミラクルは起こらず、私やクライアントの望むべき結末へと至らない…つまりこれ以上税金を減らすことが出来ないということ。
そして2つ目が更に深刻な内容なのだが…節税対策を練るべくクライアントの帳簿等様々な書類を再び監査していたところ、利益の隠蔽を発見してしまったということ。この予想もしない個人的世紀の大発見により、税金を減らすどころか元々の予定額より大幅に増加する見込みとなってしまったのである。

頭が痛いとはこのことだ。
私に『なんとかしろ』と言っていたクライアントは、それ以前に自分で『なんとかしてしまっていた』。
勿論、職種的に(いや、現実世界では税理士ではないのだが)責任を持つ私は、このクライアントの細やかなる抵抗を看過することはできないため、この事実を指摘することにした。

減税策の話ではなく、帳簿上の不正を私に指摘されたクライアントは案の定落ち込んだ様子であった。
『どうしても税金を安くしたかったのです。』
『専門家として、この事実はちょっと見過ごせませんよ。いいですか、節税と脱税は言葉こそ似てますけど、全然違いますからね。これは犯罪ですよ。』(本当は専門家じゃないんだけど)
『すみませんでした、では真っ当な方法で税金を安くする方法は全く無いのでしょうか?』

この質問が来ると思っていた。
私は一晩悩みに悩み続け、ついに見つけ出した答えをクライアントに伝える。
『あるにはあります。私も一晩寝ずに考えたんですけれどね、もう考え付いたのはこのやり方しかありません。しかも法に触れないというどころか、非常に真っ当なやり方なので問題もありません。ただあなたが受け入れるかどうか、というだけです。』
『教えてください、国にただお金を持っていかれるだけならば何でも致します。』
『本当に?誓いますか?』
『はい、誓います。』
『ではお教えしましょう、その方法とは私に対する報酬を増額することです。経費が増えれば所得が減り、その分税金も減りますよ。おっと、お前が儲かる話かよなどと軽蔑しないでください、私はただ単にあなたの税金を安くする…その一点のみを追求してこの答えを導きだしたのですから。』
『…あなたは…天才ですか…』
『いえいえ、そんなに褒めないで下さい。しかし、得てして妙案というものは案外近くに転がっているものですね、我ながらよく気づいたものだと少し感心しています。』
『…しかし…』
『え、何ですか?』
『それでは、あなたの所得が増えて、あなたの税金が増えてしまいますが…』
スポンサーサイト
コメント
節税しても身入りが上がる訳じゃなし
 節税という甘い言葉に騙されて、無駄にお金を使うお馬鹿さん。収入以上の税金が取られることはありません。節税しても使った以上に税金が安くなることも無し。無駄に使うなら大人しく税金払った方がお得だと言う事実に、高額所得者は意外と気づかなかったりする。
2016/08/16(火) 16:57 | URL | miss.key #eRuZ.D2c[ 編集]
Re: 節税しても身入りが上がる訳じゃなし
管理人Oが夏目漱石の「夢十夜」をリスペクトして書いてみた夢の内容だそうです。夢の内容ですがこれはショートショートのような趣がありますね。
2016/08/17(水) 08:11 | URL | 二人の管理人 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR