FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

迷いに迷って

「伝えられる」という事を考えてゆけば、伝えるのは難しい事を伝えようとしているのかも知れない。
簡単には伝えられない事と分っているのに、何とか言葉にしようとすると複雑になってしまう。そう
なってゆけばゆくほどに伝えられる相手は減ってゆくように思う。


すぐに何とかしようと思わない事が最初なのかも知れない。焦らずに時間を掛けて。



早くも言葉に詰まる。伝えたい事が何かという事が自分でも言葉にはならない。いや、無いのではない
かとさえ思えてしまう。





…こんな感じで『ナンセンスに』で書きはじめようと思っていたのだが、わけあってこちらに載せる
事にする。「伝えたい事」とそれを「伝えたい相手」というのが最近の迷いである。もちろん厳密
には相手ごとに具体的に伝えたい事は違うのだけれど、ブログという媒体で書くにあたってはまず
自分達に興味がある人に向けるというのは基本だろう。最初からそういうつもりではなかったけれ
ど、『ナンセンスに』の方がより広いところを意識しているのもあって、どうもローカルには徹し
にくい。


具体的な部分に立ち入り過ぎないように削ぎ落した感じで書くのと、ローカル臭が漂う情緒的な
内容で分る人には分るように書けるならばどちらが良いのか。むしろ「ナンセンスに」の方が特殊
な層に向けているような感じになっている。訪問履歴を眺めながら、見てくれているところをと
意識してゆくと必然的にそうなってしまう。




夕方、本当に何も考えず長時間散歩した。「ネット」疲れではないけれど、誰も彼もがネットの
意見に戦々恐々としつつも何か良い方法を探しているようにも見えたりすると、少し冷静に自分
の身の回りもよく見てみたくなる。ネット、というかもともと言い表されていないだけのそうい
う感じ方があっただけなのかも知れない。



本当に何もないだけの場所は、むしろ余計なものが無い所ようにも見えてきたりする。この場所で
何をするかが基本で、話題になるような事で自分を表現するというのは本当にしたい事なのか分ら
なくなる。




そもそも伝えようとしている事は何だろう。正直言って今のところは特には無いと思う。ただ、
それも『伝えられる相手』が意識されているからでもあって『伝えられるかどうか分らない』
対象を意識するなら、僅かだが伝えたい事はあるのかも知れない。



けれど、例えば誰もいない道で散歩をしている時のように、伝えられる可能性のないシチュエ
ーションではそもそも言葉が浮かばない。そして伝わりにくい事だと自分で分っている場合も
伝えても無駄だという気持ちがあって言葉にならない。




そういうものを含めたら、伝えたい事はあるのだろう。『伝わる相手』当然、そう思える様な
相手が居たらと思う部分はある。そういう意味で言えば「ナンセンスに」の「ナンセンセンス」
というのは「居るとして」という仮定で書き続けたものだが、それはどこまで意味のあるものに
なっているのだろう。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR