FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

眠る前に

期待に応えてゆくというほどの事ではないけれど、持て余しているところを出してみたらどうなるのか純粋に興味がある。

それを日常系でやるというのも難しい話なのだが、何気なくやっている事を意識し続けるのも案外エネルギーとモチベーションが必要である。結構ちょうど良かったりする?


さて、日曜の夜である。普段は日中に更新するからちょっと特別なのだが、ダッシュとイッテQで元気をもらった後で明日からのまた始めようという気持ちになっているというのはよくある話と考えていいのだろう。最近のツイッターで自分の本当に大した事ではないつぶやきに辟易しているところでそれが幾らかでも社会的なものになるのはやはりテレビが関係する時だろう。他の人がどんな感想を持つのかが気になるのが自分だけではないという事が分かって安心する反面、気の利いた事を言おうとして自然な反応がしにくくなってしまっている。


自然さなど答えのない形容だけれど、ひねらずに素直に思ったままを口にする方が自分としては好きである。感じたままというのは自分の始まりのようなものだから、素朴だなと思いつつもどこかの自分で安心する事がある。ときどき。


全てが社会化されるというわけではないし、どこまで行ってもローカルを越えないような情報もあるけど、いつからか自分が世間の一部として組み込まれているのだなと実感し始めている。斜に構えるわけでも、特権的な位置から語るでもなく、あくまで内部の一要素としてごく普通の事を言っているだけでも良いのかどうかは分からないけど、それなりに良いのかも知れない。


矛盾するようだが、優れたものを出そうという気持ちがある一方でそこそこ望まれているかも知れないものがたわいもない事を書き続ける、しかも頑張って書き続ける事のような感じである。



ところで優れたもの、というのも抽象的である。イメージとしては誰もが目を引くような内容をもったものなのだろうが、じゃあそりゃなんだと聞かれると基本的には仕事としてやるようなものだろう。数学の仕事なんかはまさに人類の叡智に関わる内容を構成するようなものだから、努力だけではどうにもならない部分がある。


だから自分としては物量をこなしさえすればなんとか出来るレベルのクオリティーを維持したものだったら結構優れているのではないかと思ったりする。ただそういうのを作ろうという気概を持っていたとしてもネタがなければしょうがない。コンセプトとかイメージがまずあってクオリティがあげられる余地があると思う。



じゃあ私の目指しているもののコンセプトなりイメージは?



スッカスッカである状況だ。既に無イメージと化し、とりあえず雰囲気でやろうという事くらいしかない。その雰囲気ですら続ける努力が必要という。


長々と現状を述べたのだけれど、実に静かな夜である。遠くで自動車が走り抜けてゆくような音も聞こえる。すべてではないにせよ、もう明日の事を優先に考えて多くの人は眠りにつく。けれど寝つく少し前、何となくやり残した事があるような気持ちになる事がある。消え去る前にこの気持ちだけでも書いて残しておくのは良いのかも知れない。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR