FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

十分ということ

火曜の朝という特に何でもない時間。探している最中とはいえ仕事に行く時間にあまり遊ぶ気に
もなれない上、朝だから本当に一層そういう気分が強くなる。


これは前からそうなってきた事だが、ネット上に公開するものについては一つ一つに時間を掛け
るようになっている。集中とはまた違っていて、「これで十分」と思えるところまで粘るような
感じ。ただし創作についてはちょっとだけ事情が違っていて、勢いで書きたいと思えているうち
に書き上げてしまうという仕方で書いている。



「これで十分」という感覚はいつの頃からか自分の中に出来はじめていて、何かをやり遂げたとい
う気持ちも、その感覚があると自然に起ってくる。何故十分なのか、を考え出すともう自分では分
らないのだが、多分「余計だ」という失敗を繰り返した中で培われたものだと思う。


ところで、ある友人がネット上での発言についてその責任を負うのが苦痛、或いは追いきれないと
いうような話をした事があった。その頃からブログは続けていたのだが、確かに書いたものを無批
判に受け入れられてしまうとか、何かを説明する為に書きつづけなければならないという状態を続
けるのはなかなかやり辛いものがある。



「所詮はブログ」という面を持ちあわせていても、書いた方は自分が正しいと思った事を書く、
或いは偽らないというような期待があるはずだから、期待に応えようとし続ければ負担になって
くるのも仕方ないと思える。


「これで十分」という感覚が「余計」だった経験から出てきているものならば、「余計」という
のも多くは「サービス精神」のようなものだと思っている。自分の気持ちを少し偽って続けてい
てもそれは一時的なものにしかならないし、かと言ってありのまま愚痴を言うように続けていっ
てもやはりそれは書いている理由を見失う。常にどこかしら建設的で次に繋げられるようにと願
っているのは本当だが、安易な見通しはその場限りのものになるような気もする。




「余計」なものを除いてしまうとあまりにもあっさりし過ぎてしまうようにも思えてしまう事が
あるけれど、「十分」なものは実際後から読み返した時に『頼もしい』とはまた違うけれど、地
に足が着いている、或いは「その時点に即している」というように感じられる。



少なくともその時点でそれが「十分」だと思ってやっている、という事は一つの情報になる。それ
くらいで今日の所は「十分」である。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR