FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

競馬観戦

競馬ネタというのは分る人にとってはとても共感できるが、門外漢には全くもって暗号の
ような何かであるかも知れない。ディープインパクトやオグリキャップ、ハイセイコーくらい
になれば日本の人なら「馬」だと認識するだろうけれど、実際に質問してみたことがあまり
ないから、逆に今の人はハイセイコー辺りは怪しくなってくるかも知れない。人気雑誌で
連載していた『マキバオー』の方が知名度があるとして、現実の馬とごっちゃになって
しまっているという可能性も否定できない。


そもそも馬の名前は慣れていれば人の名前よりも簡単に覚えられるが、一般的には人の名前
の方が優先されるのだから、英語やフランス語、その他いろいろな言語から言葉を引っ張って
きて日本的な響きがある冠名と合わせて命名された9文字以内の名前を『覚えやすい』と言う
にはやや困難だろう。とにもかくにも区別するのが難しい馬の名前を、短い実況の中で連呼
されるようなレースで興味ない人は何を感じるか、というのは想像に難くない。


『なんか退屈だな…』


これは競馬にまったく興味のなかったある友人に直接告げられた言葉である。『わけわからない』
とも言われた記憶がある。その友人を無理矢理洗脳して騒いでいた今となっては苦い記憶が
あるのだが、その彼は今も競馬を見たりしているのだろうか?何か人生の糧になったのだろうか?



そういう事を振り返っている余裕もなく毎日は進んでゆき、競馬もいつの間にか夏競馬が
始まっている。地方のローカル競馬場というと競馬ファンの間のネタとしては、一種の
名物のようなもので、毎年この時期にわざわざ遠くから競馬場に足を運んでくるファンは
一体どのくらいのお金を地方に落としてゆくのだろうか?野暮な疑問だけれど、社会人
として、経済活動には関心がある程度ある年齢になってくると、幸福にも競馬場のある我が
地方の経済を少しでも潤っているなら、競馬もただのギャンブルというだけでない意味を
そこに見出す事もできるようになる。



さて夏競馬とはいうものの、一つの競馬場での開催は一か月弱である。だから少しは計画を
立てて意識的に動かなければ一度も生で観戦できないまま閉幕してしまう。色々自分から
行動するようになった今年は是非ともこの機会を有効に利用しようと思っていた私は、
行動の中で思わぬ出会いとなった大学生の二人にこんなメールを送信していた。


『もしよければ今月の開催を見に行かない?』


私の大学時代の記憶に照らし合わせれば、就活前である程度夏休みの期間は余裕がある。既に
二人は競馬場慣れしているからほとんど問題はない。そしてどうせ行くなら、重賞のある日が
良いと思ったので、日付もメールに具体的に記しておいた。



(続きはあとで)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR