FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

オークス

優駿牝馬、オークスが近づいてまいりました。来週のダービーと比べると盛り上がりが
弱い印象がありますが、ハープスターの圧倒的人気で単勝馬券を握りしめて観戦する
人が多いだろうなと予想される特別なレースです。

過去のオークスを振り返ってみると、走破タイムが遅めになる時とかがあって、どうしても
この年齢の牝馬にはこの距離はきついのかも知れないと思えてしまいます。ブエナビスタ
が勝ったレースでも2分26秒1ですから、スローの上がり勝負が多いのかも知れません。
衝撃的なレースとして記憶に新しいのが2010年のアパパネ、、、とサンテミリオンが
優勝したオークスですね。netkeibaの特集のページでも優勝馬がアパパネとなっていますが
サンテミリオンを忘れてしまっては可哀想ですし、事実と違います。


レースは逃げ馬のアグネスワルツが引っ張る澱みのない展開で、馬場が悪かったこともあり
2分29秒9という微妙なタイムでしたが、直線アパパネとサンテミリオンの攻防は競馬
史上に残る壮絶なシーンでした。力的にはその後もGⅠを勝っているアパパネの方が
強かったのだと思いますが、サンテミリオンはこのレースでは絶好調で、距離不安もあった
アパパネよりも有利だったので、このような結果になったのだろうと思います。


GⅠ史上初の同着決着は当時波紋を呼びましたが、翌日出たスポーツ新聞で確かめても
やっぱり同着でした。というか、着順を決定する方法をそこで知ったのが本当で、あの場合
どうあがいても同着にするしかないような差だったわけです。


今年はあんなレースになるとは思えませんが、さきほど述べたようにハープスターが勝つか
負けるかを見届けるようなレースになると思います。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR