FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

やるべきことにむかう

何を粘っているのだろうと思うくらいに、何も浮かばないところで出来る事を考える
時間をつくっている。おそらく二本松には二本松のペースというか、スピードがあって
それ以上に急いてもしょうがないという事があるのだろう。


世間的には福島の事は語り難くなっている。それを何とかしようと思っても、他の人が
自由に考え感じる事なので、せいぜい正しい情報を調べて自分の中で整理しておくこと
くらいしか実際には出来る事はない。憶測で物事を語ってしまっては、問題となっている
人達と変わらない。ただ少なくとも、実際に生活している上で何か不都合を感じるか
というと、このように一々問題になった時に正しい事が伝わるまで、少しハラハラも
、少し嫌な気分になりながらも待つしかないという事が分っている。


そもそも今回の一件は愚痴にはピッタリの事象だが、愚痴っている暇があったらやるべき
事を片付けるべきだといえばそうである。ただ、そういう態度がずっと続くからこそ、
県内に住む人の意見があまり正確に伝わらず、表面的な事、浅い印象操作のようなもので
余計にするべきことが増えてしまっている感がある。


「やるべきこと」。その中に当然、個人としての意見を述べることだって含まれている
はずである。自分の周りであんな風に鼻血を出す人がいたら、普通は気味悪くて住んで
られないだろう。常識的な感覚を持っている人が考える事が考慮されているのだろうか?



一方で、良識のある人たちがだからこそ普通の感覚で判断して、まともに相手をしていない
という事を信じて、他のやるべきことに取り組めるようになれば、問題など振り返る
必要が無い。この時代にその感覚を持っている人と具体的に接する機会があれば、恐らく
こんな事にはならない。



ある意味で、時代の負の部分なのかも知れない。ただ、それでも何かを信用して地道に
努力する事が大切なのだとも気付かされる。




追記:


何となく大丈夫なのかなと思える事があった(具体的には信用できた)ので、ある意味で
バランスが取れているのかなとも思えます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR