FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

メモと言葉

確かな言葉が浮かんでくるとき、それは一つの決定を意味するのだろう。どうあっても真実にそう思った事。思った事を何度も確かめたいからだろうか、気付くと僕は手帳に書き込んでいる。


『確かに、ここにある。それが何かで』


多分後から読み返す自分にすら伝えられない、そんな「何か」としか呼べないものが確かに今の僕にはある。「ヒカリ」と呼んでしまえばそうなのかも知れないし、熱と言えばそうなのかも知れない。例えばミュージシャンが声をからすように伝えているものがそれと同じ類のもの…あるいは同じものだとして、でも自分は持て余してしまう…というどうにもならなさがある。


軽く口を付けたコーンポタージュの缶にそこはかとない心強さを感じつつ、休憩時のその行き迷っている視線を窓に向ける。正解であると同時に間違いでもあるそんな生き方をしているかもななどと思えている最近の心境は殆ど分析不能で、大まかに共通する誰かの言葉に共感して、というか共感したことにしている連続とも言えそう。だから誰かに伝えた時には同じものになっているんだろうし、それでも悪くはない。



「でも「何か」があるのは確かで、それが…」
何度言葉にしても言葉にしたことにならない、そんな内容をこの頃ではどこに探していているのだろうかと思う事がある。代弁者はそう都合よくは見つからず、伝えられそうな相手ももしかしたら見つからないままなのかも知れない。


その辺りで無理をしたんだよな、と今更ながら思う。分かってもらいたくて、一生懸命伝え方を考えて、ある程度は上手く行って、でも今みたいに自分でも何なのか分からないものになってしまったらもう扱いようがない。


僕はもう一度メモを見る。


『確かに、ここにある。それが何かで』


ああ、これが「ヒカリ」を感じさせるだろうか?


<どうにもなんねえんだよな、どうしろっての>


本当にどうにもならない。ここまでの熱が急激に冷めてゆくのを感じる。そう気付いて「ああ、熱なのは確かだったんだな」と冷静に分析している。それはそうだとしてどんな熱なんだという、不思議な思考が次にやってくる。


勿論それはコーンポタージュの熱じゃない。どんな熱かもそうだけれど、何でそんな熱がやってきたのか、というその理由を知りたくなる。実はそれは非常に単純で、何か熱中できるような凄いもののような気がしたからなのだ。


実際、何か凄いものだと思ったのは確かなのだろう。それは嘘だとは思っていない。けれど今またしても本当だと思えているのだろうか?


疑問には違いない。不思議なほどに、何でもない事。


そうこうしているうちに休憩時間は終わってしまう。底に残ったコーンをポンポンと喉に落としておかないといけないような気がしてしまうのは何だか癪だけれど、本当にそうなんだよなと実感する。同じように自分の中に残しているものがないように、今一度メモに言葉を加える。


『たぶん』


その言葉はコクのあるスープのようにじわじわと僕に染み渡る。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR