FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

喩えようもなく

喩えようもなく微妙な心境を誰かと分かち合うような、そんな時間が確かにこの世界にあったのだと自分に言い聞かせるような、その繰り返し。


今朝のトーストは清々しいほどに標準的で、食べたことが印象に残るのかと言われるとそれは難しい要求だろうと素直に諦めるしかないとさえ思われる。そう思う自分は取りも直さずあらゆることを受け入れているようであって、ただ『最終確認』として、「これは事実です」と答弁するまでの猶予だけが与えられているというような在り方なのかも知れない。世界は思のほか無駄はない、というよりも使えるものは何でも使うという精神で在りもので何とか凌いでいるのだから理屈から言って無駄はないと言っても悪くはない。ただ、最後の一口を食べ終わった時のなんとも言えない微妙な気持ちすら放置されず取り沙汰されるような世界なら、それはそれで息苦しい。



分かち合えない事は一つの個性で、共感されないという事はそれだけ自分というものを意識する瞬間の為に必要ですらあって、些末なことだから記す必要もない。



仕事がたまたま午後からになったこの日に、僕は持て余しながら珍しく考え事をしている。いや、常に時間が足りないとさえ感じている自分にそんな持て余すような時間が与えられてしまったからつい考えてしまうのだろう。改めて思う、ややこしいだけの己。誰かの意見に同調しているようで、実際同調する以外の方法を知らないだけなのかも知れない。



語るほどのものはないのに、そんなものを意識してしまうであろう自分。愚かとも、素朴とも違う、誤差の範囲で平均的な姿。それなのに、どこかでそれが異様なものにさえ思えている自分。



何故そう思うのだろう。薄々その正体に気付き始めている。僕は未だに何かを信じているのだ。言うなればそれは誰かにとって「幻想」でしかないもので、いつの間にか「幻想」として扱われてしまうものだ。虚実入り混じるネット上の意見にすら攪乱される、とてもシンプルな命題。それなのに、僕の中では「幻想」と言うのが躊躇われるという、矛盾した事実とはなり得ていない事。




ありきたりな事ですら特別な何かになってしまうそんな事が、そしてそんな事を意識させる情報が、自分の中にはあるのだろう。




だからと言って何かが変わるというわけではない。ただごくまれに、その微妙さまで誰かに伝えられたような気がする時がある。僕がそこで伝えるという事にはどんな意味を持ちうるのだろう。それが何なのだろう。



だだもしかしたらそれは記憶の残滓として、もはや何を伝えているのかも不明なままに何処かに留まってゆくのかも知れない。



ただ幻想が続いている。いつからその幻想が始まったのかさえわからないままに。



時計は静かに時を刻む。そしていつもの通り、僕は準備を始める。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR