FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

タブレットどこまで

少し現実性が薄そうだなと思ったことにちょっとした光が。もともと車を運転する
際に集中力を維持するためスーッとするものが欲しいなと思っていたが、、コン
ビニで探していたらタブレットが目に留まった。最近は少し大きめのタブレットが
あって、食べてみるとミントきつすぎず、程よい『目覚め』になれるなと感じた。


それから自分の中で『ベスト』なタブレット探しが始まって、某メーカーの4種類
あるシリーズのタブレットがお手頃で『美味しい』なと気付いて、それを『常用』
しようという気持ちになっている。



『常用』と書くとまるで「薬」のような表現だけれど、実際成分を見てみればそれ
に近い働きをする物質を摂取しているのと考えるのは結構正しいと思う。むしろそ
ういう視点で考えると、その4種類のミントと風味の微妙なさじ加減で何かを『調
整』できるんじゃないかという発想が自然に生まれた。



少し前に基本的に自分の意志でどうにかなるのは自分の身体をある範囲の中で動かし
てゆく事だと述べたけれど、人類の意志が『化学』の領域に食い込んでほんの少しず
らしてゆく事も現実に行われているというのも覚えておきたい。「意志」で可能にな
る事として自分が摂取するものを『選ぶ』事の連続で、次第に何かの方向に近づいて
ゆく…と自信をもっていえるわけではないけれど、影響は無ではないと思う。その合
わせ技のような事で、具体的に「タブレット」を選ぶというのは大げさに言えば「化
学」の力を用いているとも言えなくない。



何よりタブレットは(食べ過ぎれば腹を下す恐れもあるけれど…)手軽に食べれて、
あまり食べているという感じにはならない。実際カロリーも微々たるもの。自分に
とって重要なことは、どのタブレットをどのタイミングで取るのかも自分の意図で
決められて、少なくとも『持続時間』の間は体感として効果があるという事である




一度そのシリーズの全種類を買ってみて自分の身体にとってどれくらいの「違い」
…「差異」があるのか試してみると、確かにメーカーが意図したような「爽快感」
なのか「リラックス」なのかという感覚の違いがあるレベルで確認できて、それ
を食べるかどうかも含めて選択肢の中に入ってきたような感じである。



それでどこまで調整できるのだろうか。少なくとも今、一つのタブレットを口に
含みながら書いているけれど、我ながら「面白いな」と思う。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR