FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

どこまでを

『自由意志』をどこまでのレベルで想定するか、という事で色々考えていたか
も知れない。難しい話なのかと思うけれど、単純に自分がやろうと思っている
ことを実現させるにはそこに自由…自分がやりたいように出来るという事がな
ければ難しい。


『自分がやりたいように』というのも色んなレベルでのことがある。もし物理
法則さえも自由に出来るなら「やりたいように」のニュアンスもかなり異なっ
てくるし、「今日はやりたいことが出来るだろうか」…というような日常的な
話になると、それは「制限はあるにせよ」という修飾語がついてもその制限の
中では比較的やりたい事が出来るという考え方もできる。



じゃあ、どこまでの『自由』を想定するのか。『ちょっと特別な』で続けてき
た事はある意味、自分でやろうと思ってどうにか『自分』を動かしていける能
力、これを『意志』とでも呼ぶとすれば、その『意志』で出来ることを模索し
てゆきつつ、『ちょっと特別な』と思えるような日々にしてゆくという事だっ
た。



可能な選択肢の中で、精神力が続くまで自分が「これ」と思うものを選択してゆ
くその連続で、どこまで望む日々に出来るか。それは実に普通の話を強調しただ
けで、無意識には行っている。それを『意識的に行う』という事になった場合に
、どこまで行けるのかは自分でもよく分からなかった。



『自分』だけは(無理なことはありつつも)どうにか動かして行ける「意志の自
由」で、どこまで環境を整えてゆけるかから始まって、どこかでその試みが可能
にすることの『レベル』…規模、範囲、階層が気になってくる。



階層という事では物理的に可能な事の中で、じゃあその次に来る『化学』という階
層でほんの少しだが、「意志」によって可能になることに食い込む事があると感じ
る。例えば自然界には存在しないはずの『元素』を構成するという話も、個人では
ないものの人類の能力で短い時間ではあるけれど、人工的に存在させることが出来
る。物理的にはそれは可能であるけれど、『化学』としては構成されれば更新され
る。となると、現時点では『意志』が食い込ませられる階層は『化学』の領域だろ
うなと想像される。



『化学』の上に『生物』の話が来るとすれば、この領域は人工的に出来ることがかな
りある。『薬学』も日々新しい薬が誕生しているという事を考えると仮に自分がそう
いう知識と環境があったら、『意志』で出来ることの中に、かなりタブーではあるが
『薬』で自分の身体に影響を与えてどうにかする、という話も出てくるのだろう。



もちろん、そんなことはするつもりがない。「倫理的」なことをきっちりと考えた上
で認められている許される範囲でのことで『工夫』をしてゆくのなら、日常的なレベ
ルの話であればヘルスメーターなどを駆使して把握できる自分の事はデータで把握し
ておくとか、日々食べるものを選んでゆくという事になる。ただそこには『労力』と
いう落とし穴というか、難しさが付きまとう。データを把握して、覚えておくのも意
識的な事でもあるから、そこに苦を感じる場合はあまり現実的ではない。食に関して
も、『完璧』を追い求めるならばそれで一生が終わってしまうかもしれない。



あれこれ考えるよりも、目の前の事にシンプルに全力を尽くした方が効率的という話に
なるのなら、そんな工夫はいらない。



身の丈に合った事をしてゆく方が良い。それでいて、どこまで『本気』であらゆること
をしてゆくかという話になれば、完全ではないにせよ精神力だけではない何かの能力も
駆使していった方が良いだろう。



生きていれば何かの限界とか、どうにもならないことはどうにもならないと認めざるを
得ない事が出てくる。工夫をすれば、或いは運がよければどうにか出来るかも知れない
ことが常に『地平』として挑まなければ嘘になるというか、自分を納得させることが出
来ない。『化学』の階層で意志を食い込ませるという事が目的ではないにしろ、その階
層での技術が可能にする事の力を借りて、状況が改善して可能になる事があるとすれば
倫理的に問題にならなければそこも考慮に入れるのかも知れない。



結局目的は「ちょっと特別な」と言える日々にするという事で、制限のある中での「最
善」だけはやってゆかないとどうにも『本気』ではないような気がする。というか、出
来ることを全てやり尽くしたうえで出来ないのであれば、それは仕方のない事なのだろ
う。それも一つの知になるというのが、大切なことであるとも思う。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR