FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

フレミングに宛てて ⑬

8月になっていよいよ逃げ場のない暑さにウンザリし始める頃エアコンの効いた居間でテレビを見ていますと、そこに映し出される海の光景にぼんやりとした気持ちで憧れをもってしまいます。学生時代もこれと言って青春を謳歌した方のグループでもなければ、勉強で見返してやろうという気概もそれほどない人間だったせいか、キラキラと輝く浜辺もそこに居る人の表情もどこか異世界の事のように思われてきて、少し溜息をつきそうになります。


自分の今の状況を振り返る度に「とにかく今は創作を続けるのだ!」と誰からでもなく言われているような気がして、実際ついこの間一応の自信作を某投稿サイトにアップロードしてみた結果、再生数はそこそこであるものの地味にダウンロードが増えていてほんの少しですが「才能」のような言葉も意識してしまいます。その出来事をメールで『虹野スミレさん』こと小林春香さんに報告すると、


『凄いね!やっぱり作品を評価してもらえると俄然意欲が湧いてくるよね。私もちょっとした仕事の依頼が入って今必死に描いてるところ』


と返信がありました。青春とは少し違いますが、こういうやり取りをしているとそれはそれで楽しいですし<間違ってないのかもな>と思えたりします。ただ、今取りかかっている作品である「フレミングに宛てて」という作品については、ちょっと全体がまだ見えていないので絶賛「生みの苦しみ」を味わっているところで、作品ができた時には最早そういう風に展開させるしかなかったかもな、という感覚があるのに現時点ではメロディーが繋がりそうで繋がらないというもどかしさがあります。



テレビも見飽きてきたし、そろそろ気晴らしにネットで作品を漁ってみようかなという気分になりました。某動画サイトではマイナーで再生数も二桁くらいが関の山のジャンルですが、若干「売名」のようなかたちで凄まじいテクニックを持った人が「ネタ」のような作品を作って賑わせているのを見ます。苦笑いしつつも、音作りからコード進行に至るまで素晴らしいとしか言いようがないので「ネタ要素」は見逃す事にして作品を味わってみます。この日もそれこそ1万再生位行きそうな「アレンジ」が投稿されていて『明らかに通のもの』と分かるコメントを読みながら、


<度胸のある人はこういう事も出来るんだよなぁ>


と感心していました。ネット依存気味なのに、ネットでのコミュニケーションに若干苦手意識のある僕としては昔でいうところの「ROM」なのでしょうが、いつかは堂々と作品をアップロードできる日が来るのでしょうか?



数作品を聴いてみて自分の意欲が高まったなと感じた時、スマホに電話が。名前を見て慌てて出ると、


「あ、翔?俺だけど、今大丈夫?」


それは久々に聞いた声でした。この前メールを送った友人の一人、高宮くんです。


「うん大丈夫。もしかしてメールの件で何かあった?」


「まあ、そんなところなんだけど、実は昨日俺帰省したんだよ。そんでさ、地元の三中の人に会って高橋の事話してこようと思ったんだ」


「あ、そうだったのか。なんだか悪いね…」


「いや、丁度帰ってくる予定だったからいいんだけどさ。そんで翔にお願いっていうか今後の事を色々考えて、その高橋の友達っていう人に会わせてもらえないかなって思ったんだよ。その時直接連絡先を教えてもらった方が何かと都合が良いしな」


かなり積極的に話してくれる高宮くんですが、そういえば高校時代も引っ込み思案になりがちな僕をクラスで上手くやってゆけるように援護してくれていた世話焼きの人であったことを思い出しました。ただ今回の場合は、僕が間に入るよりもどちらかというと直接菅野くんと面識があった方が都合が良い事は明らかでしたので、そう考えたのかも知れません。


「ああ、そうしてくれるなら有難いよ。じゃあ最初は俺もついてゆくから3人で合流できそうなところ…というと…」


地元で会うなら場所は限られているのですが、


「まあファミレスって…いうと一つだな」


とあっさり決定。


「うん。分かった。いつ頃がいいかな?」


「出来れば早い方が良いな。相手の事情もあるだろうからまずそっち訊いてみてもらえるかな?」


「OK」


「じゃあ。あとで折り返し頼む」


という風なやり取りになりました。スマホの表示で時間を確かめると3時頃だったのですが、この時間なら大丈夫だろうと思い、すぐに菅野くんに電話します。案の定すぐに出てくれて、



「あ、もしもし?鈴木さん、何かありました?」


といつもと変わらない様子でやり取りが始まります。じっくりと用件を伝えたところ、


「ありがとうございます。俺なら明日とかでも大丈夫なので伝えてください。」


と即決してくれたようです。僕も次の日は夕方からのシフトだったので都合がよく、色々勘案した結果午前中にファミレスに集合するという事で話をつけ、折り返し高宮くんに折り返し連絡すると「それで大丈夫」との事。



意図せず旧友と会う予定ができたので少しばかり嬉しい気持ちがあります。勿論主目的があるので浮かれているわけにはゆきませんが人と会う事によって生じる刺激も当然あって、自然と何かを期待してしまうわけです。と…それはいいのですが、ようやく意欲が高まったところでの連絡だったので、


「なんだか…ね…」


と呟いてしまいたくなる午後でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR