FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

ダケスタリスクの活動

今日はKくんと音楽活動をしました。集まって録音ができたので一つ満足
感があります。


道の上


段々と短い時間で手際よく作業できるようになっているせいか、今回は
本当に「普通」な感じで活動できました。月一くらいを目標にしてやっ
ている『ダケスタリスク』としての活動ですが、今度はKくんに作詞し
てもらって私が作曲をするというようなこともやりたいねと話してみた
りして案外「次」が見つかるものだなと思いました。
スポンサーサイト

ような

何も感じていないようでうっすらと色づいているかのような心。
薄い色合いの空、木々。この静けさは浮かんでくる言葉を追う
にはちょうどよいかも知れない。


夢の中でも律儀に振舞っているその理由が何なのか、良くは分
からないけれど自分のしたことが何かに繋がってゆくようなそ
んな連続の中で、自分が求めているものが何であるかに気付く
ような展開は目覚めた今でも印象に残る。



憂鬱とはまた違う。仕方なさに微笑むような、それでいてどこ
かを目指すような。

立ち止まる

意識がどこかに向かう。想像の中にあるだけではない筈の、どこかには
ある光景を求めているような気がする。書店でイラスト画集を購入し、
『知らないのに知っている』ような情景をそこに見て何かに包まれる感
覚になる。


今の自分には無いものは浮かべにくいのかも知れないけれど、その代わ
りほんの少し踏み出してみたらそこにある、豊かな光景ならどこかに見
つけられると思う。描かれたそのイメージは自分の心を旅立たせる。



心が動き出せば、僅かにこの生身の足を少しどこかに動かせるだけの事
にはなるのだろう。それ自体に価値を見出すような時間はなかなかある
ものではないのかも知れない。けれど合間の時間に、風景の中に溶け込
み、風景の一部として存在しているような感覚になる事は自分にとって
は珍しい事ではない。



ふいに風がそよぐような瞬間忘れている何かを思い出しているのだろう
か、蘇ってくる感じ方。場合によっては既にそういう感じ方さえ珍しい
ものになってきた何から何までの生活感が自分に沁みこんでいると言え
るのかも知れない。



物としてそこに何かがある、というわけではないだろう。それなのに
立ち止まりたくなるそんな場所、求めるものがはっきりしている時よ
りも、もっと遠くに行ける、そんな時間。

清んだ眼差しで

何かが変わったような気がする時、無性に記録を残してみたくなる。
単純というほど単純ではないけれど、言ってしまえばいつかそういう
風に感じる時が来るというのは明らかだったのかも知れないと今の自
分は思う。


人並みの感じ方を日々感得する最中、誰かの一言がそのままの意味で
了解されてくると納得する反面、なぜにそれに気づけないでいた自分
があったのだろうかと妙に不思議に感じる。だがその感じ方のその向
こう側で再び自分のこれまでを評価し直すとむしろ自分がそう在らざ
るを得ない必然性が浮かび上がってさえくる。



どうあっても限界的な領域を動いていたような気がする。多くは語ら
ないけれどたとえ言ったとしてもしょうがないような込み入った事情
と洞察と、定まらない解釈があって、その中で右往左往していて何と
か安定した世界観なり感覚に辿り着こうとしていた。



結果的にうぬぼれた捉え方をしなくとも、事実を忠実に辿っていって
紛れもなく努力をしてきたという証が手元に残る。その上で今求める
ものがなんなのか、それはそう単純な事ではない。



少なくとも清んだ眼差しで世界を見ていたい。そういう想いはある。

リスクと

若い、もしくは幼いころに比べると想像が現実的になってゆくのは
自然な流れなのかも知れない。ただその代わり想像の細部がより詳
細で、場合によってはそこから論理的な思考さえ生まれてくる傾向
にあるのは成長の部分なのかも知れない。


疲れが出てきたりすると心の方で思い描く事が荒っぽくなってくる
のか貧困な発想にもなってしまうけれど、休日などは想いを巡らせ
てみる時間ができたりで、そういう時の充実感は至福に近いかも知
れない。


あまり意識はしないけれど「目の前」にある『物』とか『音』とか、
やはり具体的な存在に対して気持ちが動かされているのは否めない。
学生時代から抽象的思考で物事を考えていたけれど、抽象的な対象
の『存在性』…例えばどのくらいの意味で存在していると考えられ
るのかという事まで考慮した上でないと考え始めていないという実
情がある。



とは言うもののスポーツなどを観戦していると『リスク』という概念
はほとんどの場合に意識しているなと感じられる。『リスク』がある
という事は、やはり確率が暗に語られていて日々の生活でも『リスク』
を考慮して、『攻める』べきか『安全策』にゆくべきかという選択を
頻繁に行っていると思う。



総合的に考えてゆくと、時間的な余裕とか、精神的な負担の少なさとか
、色々なものを秤に載せたうえで何を優先させるのかというのは『後々』
の事を考えての『最善』は実際計算しにくいが、要所要所で『リスク』
が非常に重要になってくるのは確かなようである。RPG的な『回復地点』
である今日のような休日まで乗り切り…更には少しの余力を残しておい
て活動する為に…という条件を付けてゆくと割と雑には出来ないという
事が分かってくる。



最初の方に述べたように疲れで荒っぽくなっても仕方ないし、創作もエ
ネルギーは要る。つまりは『どこから』その『勢い』を確保するかとい
うような話で、『堂々巡り』ではないとすれば『リスク』が意識される
ときにどういう選択をするかという事が結局繋がってくるんじゃないか
なと思っている。



凄く不思議な話をすれば、どういう種類であれ『難しい』と思っている事
を上手くこなせればそれなりに何かでブレイクスルーになるという見方を
すればいいようにも思えてしまう。特に昨今のように何事も効率化されて
いる世の中ではそれほど余計なものはなく、しかもそれほど余裕があると
いうわけでもなさそうに感じるので、結果的に『既定路線』は決まってい
るようにも見える。かと言って無条件に『攻める』という事になるとあん
まり余裕は生まれない、実感として。むしろ理論と知があって、自然に攻
められる『条件』があるように思える。



こういう事は考えてゆくと面白い。ただあくまでそういう風にして確保し
た余力(もしくは時間)で素朴に何かをするというのが本当は楽しい。

評価と

評価というのは人それぞれなのだろうと思う。ただ頑張るだけではなくて
何かを学んだり実感したりする経験は人生においてとても大切で、能力と
いう事ではなくて大事なものは蓄積されていっている気がする。


昔よりも周りが見えるようになってきたせいか『仕方のない事』というの
は了解できるようになっていて、色々な事情が分かるからこそ自分として
は『ここまでだな』と思えて、それでいて肯定感があるところまでこれた
実感がある。



もちろん色々な想像をする。基本的には『巡り合わせ』次第でもうちょっ
とできるんじゃないかという想像があって、『限界』と思えるところも案
外不明瞭な気がする。ただ『巡り合わせ』にしても世の中とか身近なとこ
ろでの『余裕』は影響しているような気がしていて、広く広く見通してい
っても「ここまでだな」という感覚になる場合にはそこまで辿り着いたこ
とを、素直に評価してよいという達成感になる。



その評価は誰もが感じる絶対的なものではないだろうと思う。ただ、絶対
的な評価が欲しくて頑張っているわけではないかも知れないなと思う時が
ある。誰かが認めれば自分を認めることが出来る…というよりは、ほとん
ど明確な知と論理的な帰結で自分を評価しているというのが凄く大きい。



少なくともその『肯定感』については自分が求めていたもので、人の評価
に左右されやすいながらも、それでいて行けるところまで来たという総合
的な評価が出来たような気がする。

頑張れるときに

競馬の事で二本松の人間にとっては嬉しいニュースがあり、とある理由で喜びも
倍増している。当たり前と言うほど当たり前ではないからこそ喜びであるのは間
違いない。色々なことを振り返ると今こうして喜びに浸れているだけでも結構な
事なのかも知れない。そう思う一方で明らかに最近の事とこれからの事に集中し
ているせいか求めている事が凄く標準的になっていて、それに比例するように仕
事でも何でも求められてゆくような状況である。



休日に考えたい事を考えて、あるだけの余力を活かして何かをするというのが短
いスパンでの目標になっている。国内で標準になっている仕事観の背景にある色
々な仕方のない事情を前に、何かしら自分なりに心地よい時間を生み出したいな
という欲求は日に日に高まっている。



積み重なってあり方を変えてゆく『仕事』と、その日その日の為にする『労働』
という対比が正しいのかどうかは現代では微妙な部分はあると思われるけれど、
時折感じる「やり残した感」はその時に何か出来ることがあるという仕事に近い
部分の事なのかも知れない。




やれる事のギリギリに来ている感覚はある。すぐにどうこうではなく、頑張れる
ときに頑張って積み上げていったものを活かして何かをしてみたいなと思う。

作品を

自分がそういう作品を作れると思っている時、というのが一番すごい時かも知れない。そう思えている時にしか作れない。


テンション次第であるのは間違いない。自分のテンションがそこまで高まっていて、そこで残したものが自らをも引っ張り上げるような何か。

つまり

テンションが上がるというのはある程度必要な事だと思う。理系的な発想と観察で、なんらかの複合的な条件が揃えばテンションが上がる、若しくは上がる確率が高い(頻度が多い)という事を考えたところ。条件が一つではなくいくつかあって、それが同時に揃えばほぼテンションは上がるだろうなというのは明らかかなと思う。条件の一つ一つが揃うのにも確率的な事があるとすれば、、、


テンションが上がった状態に持って行くことも必要で、そのテンションが上がっている状態がそのテンションを維持させやすくする情報を出力させやすいような気もする。


「今」の情報を残して、再現できるようにしたいと思う事がある。それが文字情報なのか感覚的な情報なのかという違いは大事で、文字情報には文字情報の範疇で可能にする事がある。



条件を揃いやすくする方法さえも、自分のテンションによる実行性に関わっている。




卵が先か鶏が先かのような話だが、テンションが上がった状態から為す事が時間を経て、それに類する条件が揃った時に反復しているかのようにその成した事と連結するというイメージを持っている。そのテンションでの情報が時を越えて意味を持つ時、意味を為すように見えた時、多分テンションとしては同じであると思う。



そのテンションで見ている世界を肯定する。そう見ていられる時間を伸ばす、反復の頻度を高める。その時間を続ける事が自己目的なのか、


(そのテンションでいる自分にとってはずっとそれが続いて欲しい、けれどなり切れていない部分が何か違うものを求めている)


少なくとも何かを達成する為にテンションが高い状態である事が必要と考えられる。むしろキープし続けて行動し続ける事が求められる。



(むしろ入り切れていない部分さえ満足してしまえる究極のものを自分に見せる、感じさせる事が出来るのならば、)

ちょっと難しい事を

「ちょっと難しい事」というのは色々な意味で存在する。一番何もしていないような
事で言えば「前向きで居続ける事」もそうだろうと思う。あるいは『テンション』を
キープし続ける事とかも同じような範疇だろう。


何かを始めて作業をする場合に始めたテンションを維持することは時に難しい。仕事
レベルの事になれば為すことの価値を考えれば難しさがあるのは仕方のない事で、何
かがそれによって「善く」なってゆくようなものならば相応の労力が必要なのが理な
のだろう。


「ちょっと難しい」そのことが、その労力に見合うだけの何かに結実した場合に成果
と呼ぶならば「成果」となれば後々楽になるだろうな、とか後の為に役に立つかもな
という予感はあるかも知れない。



ただ、本当に「前向きで居続ける」為にする事が「何か」になるのかと言うとそれは自
明ではないと思われる。ただそれは無駄で無意味な事なのか、というとそうでもないの
かも知れないと今の自分は思っている。というのも、この頃とみに感じる「タイミング」
というものがそれこそ「そこ(その時間)を凌げば何かが待っている」というような事
を感じさせてくれているからである。



「ちょっと難しい」という直観はおそらく正しいのだと思う。テンションを保っている
だけでも実はちょっと特殊な事をやっていて、そのテンションで待っている事によって
自分がそうではない場合にしていたことを「していない」という消極的ではあるが、確
かに違いとなって現実に現れているのだと思う。



ずっとではないにせよちょっと難しい事を完全に意志の力と意志が選ぶものの効果によ
って続けられるならば案外雑には出来ていない世界で、何かを良いタイミングで待ち受
ける事が出来るのではないか…そんな風に考えている。

途切れずに

精神的なものとも言えるし、無いと思った時にあると思えたという「何か」が続いている事を感じている。この世で意図されている事の結果とか必然であるとすれば出来過ぎたシステムという他ないけれど実態はむしろそれが覆い切れない運や偶然が自分を支え続けているというのが正しい。


この世のメッセージというよりも「天」とか天上的なものを感じる。


9月

日々の中で「稀」なものを集めるという趣味というか、目標が出来上がって
いる。データにしろ物にしろ、集まれば『環境』のようなものになってゆく
と感じているのだが、場合によっては『自分の心境』自体が稀であるような
事も時折思い至る。


『残したいもの』は『自分の心境』も含めて、その自分がその時に惹かれて
いるもの、惹かれているという事実というかそのことというのが今なのだろ
うと思う。清んだ気持ちとでもいうべき心境で、色々な事の価値が分かって
いるからこそ見えている何かをぼんやりさせたくないという想いが出てくる



夕焼けに近い時間、猫が窓際で身を横たえている。毛色も相まって金色に
輝いて見えるその時間が妙に落ち着く。

20180905170222983.jpeg


稀なものは身近にだって見つけられるのだろう。ただとても丁寧に探してゆか
ないとその「見方」にたどり着けない。「稀」だと思うその理由さえどこかフラジ
ャイルで。

完成

曲が完成しました。星空をイメージした曲で、結構うまく演奏出来ました。


星空に想う


できればこの曲はKくんとダケスタリスクとして録ってみたいですね。

お手伝い

昨日はOくんと某イベントにスタッフとして参加してきました。スローペース症候群
の理念をそのまま実現するとそのようなカタチになるという予感がありましたが、実
際に自分が地元に貢献できているという事実を実感してくると何だか不思議な心境で
す。


とにかく疲れはしますが楽しいですし、ヒヤヒヤもちょっとはありましたが何とかな
ってゆくのは色々と勉強になりました。寺関係のイベントだからなのか、翌日の今日
も良いことがあったりしたのが何とも言えないものを感じさせています。それとは別
に色々と認識が改まった部分もあり、次回の参加も前向きに考えようという所存です
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR