FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

リアルファンタジー2

網膜に焼き付けたいほどの光景が目の当たりに展開しているというのに、いまいち興奮が無い。この頃秘密裏に開発されたというファンタジー世界を実際に体験できるゲーム、『リアルファンタジー』をプレイする為にとある田舎の…ド田舎と言っていいかも知れないが、とにかく某県某市の広大な私有地を訪れた私。噂では特許権がどうたらとか悪用される危険性がある事から政府すら情報統制をしていたらしいその新技術は『現実』という言葉の意味すら変えてしまいそうな代物だった。


体感ゲーム『リアルファンタジー』はその私有地全域をいわゆる『剣と魔法のファンタジー』の世界に作り替えてしまう。基本的にどのようなものでも再現できるが、その区域内でしか実体化しない。実体化するというのか、脳にそう認識させているのかは特許に関わる事なので今のところ秘密らしいがペーペーながら真実を追求する記者の端くれとしてはその『秘密』に是非迫ってみたいと上を説得して、開園後数ヶ月で既に予約が来年まで一杯の中から『報道枠』を交渉してもらって本日、その地に立っている。


噂に違わず、実体化された建物、武器、モンスターの精巧な再現度と物質的な感覚は本物で、恰もそこにあるかのようなどころではなく、そこに『在る』という事を全身で体験できる。地味に驚いたのは臭いである。トロールと呼ばれるモンスターの獣じみた体臭すら再現されていて、少しばかり吐き気がしたがその厳つい表情も真に迫っていて目を背ける事が出来ない。


同日に関東圏からやって来たという家族にもインタビューしてみたが大喜びの子供とは対照的に、


「なんだか夢を見ているみたいです…」


と複雑そうな表情をしていたお父さん、お母さんが印象的だった。これだけショッキングな光景なのに『いまいち興奮が無い』と言ったのは、元来ファンタジーに興味のない現実主義者の私はアトラクションとしての価値を冷静に分析しているからである。



リアルファンタジーを一言で評価すれば『夢があるのに夢が無い』という事だろうか。ファンタジーの癖にモンスターとの戦闘は基本的に肉弾戦で、RPGなら不可欠の回復魔法は性質から言って範疇ではない為、プレイする前に事前に『プレイ中の負傷について』の誓約書を書かされ、モンスターの攻撃による物理的ダメージによる負傷には当社は責任を負わないとの旨が記されていて非常にきな臭い。無論大けがをしないような調整にしているらしいけれど、実際それは「私達は格闘技をしています」と宣言しているようなものだ。


「くらえ!!ファイヤー!!」


上級者らしい人が目の前で火の魔法を使っている。ところでこの魔法は本来なら誰にでも付与できるらしいのだが、これは『課金』が必須である。何でも廃課金のヘビーユーザーほどプレイチケットという名の招待状が優先的に配られ、プレイ中の魔法はMP(マジックポイント)を『買って』補充しなければならないという設計。ちなみにレートはMPの10単位について100円だそうで、高度な攻撃魔法を使うにはそれなりのポイントが必要で、一回の魔法でおよそ500円は掛かる計算である。これを安いものと見るかは人それぞれの価値観だが、上級者は一回のプレイで10万ほどつぎ込むらしい。



それでもモンスターを殲滅するような魔法を体験できるとあって課金が止まないらしい。先ほどの異臭を放っていたトロールは上級者の放った魔法で焼け死んだ。焦げた死体がそのまま転がっていて、時々その中に実際に遣えるアイテムが見つかる事もあるらしい。いやにせせこましいというか、時々レアなアイテムとかMPを回復(補充)するアイテムも落ちている。



課金をしない場合はどうなのかというと、ひたすら肉弾戦である。ぬめっているだけのスライムのような雑魚ならともかく、驚異的な耐久力を誇るボスを素手で倒すのは不可能である。プロの格闘家が死闘を繰り広げてようやく倒したとネットで自慢している人がいたが、それは私の考えでは楽しくはない。



というわけで実際上、戦わないでファンタジー世界の安全地帯を遊行するツアー的なものと本格的に現ナマを使ってプレイするという両極に分かれているようだ。先ほどインタビューした家族は一応スライムを倒して、それが必ず落とすという『記念品引換券』をゲットして満足していた。記念品は安っぽいぬいぐるみらしいが、体験した証になるのだろう。取材の後半からは専ら上級者のモンスター狩りに同行して、ほとんど機械的に魔法を唱えてアイテムを回収してゆく作業を少し離れて見守っていた。



凄いものを見ているのに私は段々退屈し始めた。むしろこんな作業を続けるくらいなら普通の生活を送っていた方が刺激的だとさえ思った。幸いにしてフィールドに咲いていた花々が美しかったので「良くできてるな」と思って記念に撮影していたが後で関係者にそれを見せたところ、


「それは本物の花ですよ。ここ等へんは自然が豊かなので普通に咲いています」


と告げられて複雑な気持ちになった。翌日自分のデスクに戻って上司から、


「どうだった?凄かったか?」


と訊かれたので私は答えた。


「ええ、現実と何にも変わりませんでした」


現実と変わらないという事は、普通に仕事をしていた方が有意義だなという意味である。
スポンサーサイト

振り返りつつ

一年もそろそろ終盤。ブログを続けていると時々過去に書いたものを自分で振り返る時間が必要
だと思うことがある。過去を過去として評価できるようになった時に、そこから今自分達がいる
場所や位置が漠然と掴めるような気がする。


管理人Hにも恐らくO君にもK君にもこの一年で色んな変化があった事だろうと思う。細々とし
た事から、ブログでは語る事が出来ないような内容の話も当然あるだろう。自分としては仕事の
方で明らかに進展があって、更に来年の事も考えなくてはならないような状況にある。


[二本松]


二本松の事は活気が出てきていて、ちょっとこの前市内のラーメンの若武者に行ってみたがそ
こで凄いレベルの高さを感じたように、地元にもっと期待していいのかも知れないと思い始め
ている。地元のテレビでも二本松が取り上げられる事も増えている。すると皮肉な事にこのブ
ログで二本松の話題をアピールする必要性が薄れてきてしまったように感じる。といっても、
このところアクセス自体は悪くないので痒いところに手が届くような内容でも需要はあるのだ
なと言い聞かせるとしよう。


[3人で]


ところでO君は現在1ヶ月の研修で遠地に出向いている。現代の素晴らしさというのかネットの
万能さを実感するのは、コミュニケーションその前と特に変わらないという事である。ネット環
境の良い寮に滞在しているらしいのだが、最近ではK君も含めて画像などを使ってより詳しく
伝えられるようになっているという利点もあり、むしろ話すネタに困る事も増えている。



こうしている間も、二人は頑張っているんだろうなと想像するのはそんなに悪い気がしない。
3人の「ノリ」が重要なのであまり広げ過ぎると収拾がつかなくなるので実際は控えるけれど、
もう少し可能な範囲で交流できる人を探してみても良いかも知れないと思ったりする。


[一年]


この一年というか、正確には去年の年末にK君との再会から続いている事を雑観してみると、
K君のブログ開設もあったり短編を書いたりと内容はそこそこあると言って良い。個人的に
ようつべで活動しているのも含めればもう少し何とか出来そうな事はある。ただ何というか
この頃このブログに辿り着く事の難しさのようなものも感じていて、その辺りをもう少し工
夫していかないとモチベーションはあがらないのかもなと思ったり。

今週の重賞

今週は待ちに待ったJC(ジャパンカップ)です。ゴールドシップがどんな走りをするのか楽しみ
で、ラブリーデイの連勝になるかも知れませんが天候も気になります。

さて土曜日の京都では重賞のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスが行われます。アドマイヤ
エイカンが買い易いところですがまだ2歳なのでここから良くなってくる馬もいると思います。
そんな中、カンパニー産駒が2頭出走。見守っていきたいなと思います。


・ドレッドノータスは父ハービンジャー、母父サンデー、アウトブリード。おそらく名前からして
キャロットの期待馬なのでしょうが、まだちょっと強さが分らない感じですね。


・ダンツプリウスは父ブライアンズタイム、母父マンハッタンカフェ。ヘイルトゥリーズンの3×5
ということからも分るように父と母父が逆の方が普通かも知れない配合ですね。これまでの成績は
安定していて、ブライアンズタイム産駒できんもくせい特別といえばナリタブライアンを思い出しま
すね。


・〇地のコパノミライは父カンパニ―、母父エンドスウィープ。ノーザンダンサーとミスプロのインブ
リード。丈夫なのは分かりますが、使いすぎと言う気もします。


・キャノンストームは父ワークフォース、母父サンデーのアウトブリード。新馬戦はなかなか良い勝ち
方をしていますね。


・ウインテンダネスは父カンパニ―、母父マジックマイルズ。インブリードはミスプロ。評価はされて
いないようですが、やはり丈夫そうですね。


さてJCの前に日曜京都の京阪杯を見て行きましょう。過去に紹介した関係もありここではウイングザ
ムーンだけですね。


・ウイングザムーンは父アドマイヤムーン、母父ストームキャット。ノーザンダンサーとレイズアネイテ
ィブのインブリードで今年はひたすらオープン戦を使ってきて今年初の重賞ですね。この舞台は成績が
いいですが、メンバーが強いので入着を狙うという感じなのかなと思いました。


さてJCです。外国馬の関係で意外と該当馬が多いですね。


・□外のトリップトゥパリスは父Champs Elysees(その父デインヒル)、母父ファンタスティックライト。
これでもかというくらいインブリードがありますね。セン馬ですがゴールドCを勝っていて、過去にもセ
ン馬がJCで活躍した歴史もありますし、軽視できないのかも。


・□外イラプトは父Dubawi(ミスプロ系)、母父カーリアン。ノーザンダンサーのインブリード。凱旋門
5着なので当然強い馬だと思いますが日本の芝が合うかどうかは気になります。


・ジャングルクルーズはセン馬で父ジャングルポケット、母父サンデ―のアウトブリード。買うかどうかは
非常に微妙で、血統的に面白いところがあるのは確かです。


・□外イトウは父Adlerflug(サドラーズウェルズ系)、母父タイガーヒル(その父デインヒル)。ノーザン
ダンサー系がほとんどを占めている血統。ドイツの馬なので私は完全に門外漢です。


・□外ナイトフラワーは牝馬で父ディラントーマス(その父デインヒル)、母父パントレセレブル。ノーザンダ
ンサーの4×4なので5代目も父と母がインブリード。3歳牝馬ということで斤量が魅力ですね。ただ大外枠に
なったのが痛いかも。

今週の重賞と+α

今週はMCS(マイルチャンピョンシップ)と東京スポーツ杯2歳Sがあります。日曜日と月曜日には
重賞があるけれど土曜日にはないのでちょっと不思議な感じがします。そして毎度GⅠの該当馬は普通
は過去に紹介している馬になっているという事もあり、実質東スポ杯の紹介なのですがMCSにはスク
リーンヒーロー代表産駒のモーリスとクロフネ産駒のGⅠ馬クラリティ―スカイが出走するので楽しみ
なのですが、この舞台でディープ産駒は無視できないですよね。もし馬券を買うならモーリスですが、
サトノアラジン辺りを2着づけにしてみる手もあるかも知れませんね(参考になるかどうか分りません
)。


さて東スポ杯の紹介です。2頭が該当馬。


・マイネルラフレシアは2勝馬で父ジャングルポケット、母父ダンスインザダーク。ノーザンダンサーの
4×5。前走のアイビーSは同舞台。ジャングルポケットは強い後継馬が出てほしい気持ちがあります。


・ダイワリアクションは父シンボリクリスエス、母父スペシャルウィーク。ヘイルトゥリーズンの4×5
。このレースを見てみないと何とも言えないですね。



さて記事の主要部分はここで終わりですが来年にむけて少し考えている事があります。それを試しにやって
みようと思います。そもそもO君とのツイッター上でのやりとりで、先週出走したメイショウマンボがもし
繁殖に上がった場合どういう馬を相手に選べばいいか考えたのですが、そこでO君は「ロードカナリアが良い
のでは?」と言ったので配合のシミュレーションをしてみようと思い


こんな感じ


にWEB上で血統を見ることが出来る事を思い出しました。キングマンボの3×4はなかなか良いですが、
こう言う風に配合を考える楽しみも競馬にはあるのだと実感。O君とも相談して、来年の競馬の記事では
これを使って紹介してみるのもいいと思っています。普通に考えるだけでもいいのですが、将来を見越し
て血の袋小路を避けるにはどうしたらいいのかという事も考えながらやってみようかなと。

雑文20151115

久しぶりに雑文を書いてみる事にします。


個人的な事ですが土日は少し出掛けて色々刺激を受けたりしたのですが、同世代の人と話せたり
したのは嬉しかったです。何といっても実際に人と会って話してみるという事は常に求めている
事でネット上のコミュニケーションが不十分というわけではないのですが、やはり直に話せる場
面は自分にとって重要です。


ネットでのコミュニケーションは相手が実際に頷いているとか、『反応が良かった』というよう
な手応えが少ないからか「これでいいのか?」と悩む事も多いです。そしてツイッター上の反応
も書いたすぐ後というよりは少しラグが生じますので過剰だったり過小だったりする可能性も
あります。


と、こういう事を言いたいというわけでもないのです。



一方で昨日のフランスでのテロには驚きましたし、考えることもかなりあったのですが軽率な
発言は控えるべきだなと思ってはいます。何が異常かというと、やはりテロ行為がやはり異常
なわけですから、それを仕方のないものだと思うことは出来ない、市民としてはそこに尽きる
なと思ってツイッターで呟いて、「それが何になるのか」という無力感を感じざるを得ません。



そういう自分ではどうしようもない事を、「どうしようもない」と認めるのが嫌というよりは
「どうしようもない」と認めて何も考えなくなってしまうという事が嫌なんですよね。


スロペでの雑文なんか特に「どうしようもない」と思いそうになりながら書いている事も多い
ので、特に重なるというのか。まあそれも、


「じゃあ具体的な方法はどうするんだ?」


と問われるとそこで詰まってしまうのですけれど。でも一つ言えることは争いは望んでいない
という事です。穏やかに生きて行ける方法があればそちらを選ぶし、抵抗という意味がないな
ら好戦的な選択はしないという基本的な事は確認しなければならないのかなと思います。



ただもしテロを行った側が宗教的な対立として意識されているのなら、やはり宗教には慎重に
ならざるを得ません。そして歴史も加味されるなら、日常的なレベルの事としては捉えられな
いのかも知れません。



そうであるにしても、自分が生きてゆくためにする事はやはり同じ方向性があります。やはり
誰かと実際に会って話してみて、ほろ酔いになりながらいい気分で過ごせる方を好むに決まっ
ていると実感しているところです。

今週の重賞

今週はジャンプレースも含めると5つの重賞があります。福島では福島記念がありますし是非見に行きたい
ところなのですが所用があって行けません。さて土曜日の武蔵野Sからですね。該当馬3頭。


・チャーリーブレイヴは父Indian Charlie(フォルティノ系?)母父カーソンシティー。レイズアネイティブと
ナシュアのインブリード。降級して再びオープンに上がってきました。セン馬で〇外ですね。

・〇外のモーニンは注目馬で父ヘニーヒューズ、母父Distorted Humor(ミスプロ系)。レイズアネイティブと
ノーザンダンサーのインブリード。4レースで前走も良い内容。

・〇地でニシケンモノノフは父メイショウボーラ―、母父アフリート。ナシュアの5×5で2歳時に地方の重賞
を勝っています。最近は1400を走っているので少し不安はあります。


そしてGⅡのデイリー杯2歳Sはシュウジが連勝するのか注目ですがこの記事では2歳戦の該当馬の多さに
よって父と母父を紹介するだけに留めておきます。


・ラハトケレブ、父ファルブラヴ母父サンデー。


・ノーブルマーズ、父ジャングルポケット母父シルヴァーホーク。


・エイシンギガント、父シンボリクリスエス母父ケイムホーム。


・〇外リッチーリッチー、父Teofilo(その父ガリレオ)母父Pivotal(ヌレイエフ系)。


・ウインムート、父ロージズインメイ母父マイネルラヴ。


・デピュティスカイ、父フレンチディピュティ母父マリエンバード(ニジンスキー系)



エリザベス女王杯は該当馬は既に紹介しています。やはりディープ産駒は外せないですね。そんな中でK君の応援しそ
うなシャトーブランシュが出走。良い競馬を期待したいですね。そして福島的にはメインとも言える福島記念の紹介。
このレースもメンバーが重賞常連なので既に紹介しています。去年の覇者のミトラが今年も出走。ハンデ戦なので難解
ですがセキショウあたりが面白いかなと思います。

二本松市一周駅伝競走大会

二本松市内の道路で二本松市一周駅伝の道路規制の看板をみかけますが、11月28日に今年も行われます。ここに載っているように第4回となりました。

去年もブログのこの記事でとりあげましたが今年は時間的に応援に行くのは難しいと思います。去年の記憶だと根崎あたりの沿道に人が結構集まっていて段々恒例になりつつあるのかなと思いました。

今週の重賞(沢山)

重賞が少ないのも困りますが多い週はちょっと戸惑います。秋天の後の一休みの週ですがGⅠが
欲しいなと思ったり。ですがアルゼンチン共和国杯は出世馬も多いレースでJCもにらんでいて
面白いですね。とりあえず土曜日の京王杯2歳Sから。このレースにはO君POG指名馬のモー
ゼスが出走。人気になりそうですね。該当馬5頭。


・ボーダレスは父アドマイヤムーン、母父Cadeaux Genereux(オーエントゥーダ系)。ノーザン
ダンサーとシャーペンアップのインブリード。牝馬ですがオープン戦を既に勝利しています。前
走は器用そうなところを見せていました。


・シャドウアプローチは父ジャングルポケット、母父フレンチデピュティ。ノーザンダンサー4
×5。ジャングルポケット産駒は応援していますが、この馬に関してはこの距離でベストだと
クラシックに繋がらないので少し様子見です。


・コマノドリームは父スウェプトオーヴァーボード、母父スペシャルウィーク。アウトブリードです
ね。血統的な理由で人気が出ないタイプかなと思います。


・〇外のキングライオンは父Kitten's Joy(サドラーズウェルズ系)、母父High Yield(その父スト
ームキャット)。ノーザンダンサー系×ノーザンダンサー系らしくノーザンダンサーのインブリード。
種牡馬になれば面白いんでしょうね。


・アンナトルテは父エンパイアメーカー、母父ブラックホーク。ノーザンダンサーのインブリード。
こう言う馬があっさり勝ったりすると桜花賞候補になったりするんですよね。



続いて京都のファンタジーS。該当馬は5頭。


・キリシマオジョウは父スクワートルスクワート、母父Dynaformer(その父ロベルト)。ノーザンダンサー
のインブリード。2勝馬で前走オープンを勝利。


・タイセイマライカは父バゴ、母父ネオユニヴァース。ヘイローのインブリードですが、ある意味恐ろしい
戦績です。8戦1勝は記録的ですね。しかも連闘。


・セレッソプリマベラは父プリサイスエンド、母父ネオユニヴァース。トムロルフのインブリード。初の
芝でどうか。


・メイショウスイヅキは父パイロ、母父ダンスインザダーク。ミスプロとニアークティックのインブリード。
キレが凄そうですね。本命でもいいんじゃないでしょうか。


・〇地のコパノディールは父エンパイアメーカー、母父ネオユニヴァース。ミスプロのインブリード。コメン
トし辛いですが、コパさんの馬ということで侮れないですね。


アルゼンチン共和国杯は2頭で面白い馬もいます。


・スーパームーンは父ブライアンズタイム、母父サドラーズウェルズ。ヘイルトゥリーズンのインブリード。
去年3着で久々の重賞。藤沢厩舎の馬は強さが良く分からないのですがこのレースに関しては好走する印象。


・ゴールドアクターは父スクリーンヒーロー、母父キョウワアリシバ。ノーザンダンサーのインブリードで、
スクリーンヒーローらしく大物感があり覚醒連勝というパターンなのでしょうか?


最後にみやこS。モンドクラッセは面白そう。


・モンドクラッセは父アグネスデジタル、母父ラグビーボール。ノーザンダンサーのインブリードで、奥深い
血統。

散歩

ようつべでアップロードするようになったのですが、以前「何にもない」と表現したところの道を歩きながら撮影。

散歩

最初の山は安達太良山です。雲一つない秋晴れで、静かですね。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR