FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

カラオケ歌ったもの。

管理人H(なんとかさん)です。創作をしていますがちょっと歌ったものを公開してみたい気持ちがあります。スマホ録音でカラオケですが、吉井和哉さんの「MY FOOLISH HERAT」はいいかなと思いましたのでとりあえずアップロードしてみます。フジファブリックの歌も結構録音したのですが、ちょっとK君と相談しながら良さそうなものを選んでアップロードしてみるつもりです。

カラオケ①


追記:

THE YELLOW MONKEY の「空の青と本当の気持ち」もアップロードしてみます。

カラオケ②
スポンサーサイト

二本松舞台小説 Uターン 2日目その2

 車は県道355号線を東へ進む。しばらく走ったのちに左折して坂を上ると、右手に二本松工業高校、更に少し行くと左手に二本松文化センターが見える。文化センターでの最後の記憶は数年前の成人式だ。スーツ姿の友人たちと久しぶりに再会し、変わった事と変わらない事をお互いに確かめながら、思い出話に華を咲かせた楽しい記憶だ。
「ちょっと、よそ見したら危ないって」彼女が指摘する。
「ごめんごめん」僕は謝罪の言葉を口にしながらも、懐かしい街並みが見せるノスタルジーから目が離せず、きょろきょろと辺りの景色を伺いながら走った。
 幸楽園のところを左に曲がり陸橋を渡ると、五重塔がちらりと見える。
「わ、何あれ」彼女が運転中の僕の肩を叩く。
「ちょっと、運転中に肩叩いたら危ないって」さっき注意された言葉を真似て裏声で応えると、彼女は「なんで真似するの。そんな変な声じゃないし」と不機嫌そうに言った。

 広い駐車場に車を停める。近接する建物はレストランと土産物売り場が合わさった施設だ。『ふるさと館』というらしい。様々な銘菓や郷土色あふれる品の数々を前に彼女のテンションが急上昇した。女性はなんでこうも土産物を選ぶのが好きなのだろう。
「これは会社の人に――」「これは友達に――」
 いつも通り長い買い物が始まりそうな空気を「それは帰りにね」と制し、僕らは外のアクセストンネルへと向かった。
「土産物なら玉羊羹がお勧めだよ。あれ県外の人に買っていくと受けがいい」
「へぇー、じゃあそれは会社の人に買っていこっかな。それとさ、さっきから気になってたんだけど、あの鬼の子供みたいなのってゆるキャラ?」
「あれは鬼婆をモチーフにした、バッピーちゃんっていうここのマスコットキャラだよ」僕は鬼婆伝説を簡単に説明する。
「それって怖い話だよね」
「昔のバッピーちゃんは今のと違って怖い顔してたんだぜ。色黒で三白眼で牙はえてて」
「ゆるキャラブームにのっかって変更したの?」
「いや、今のバッピーちゃんに変わったはもっと前だよ。決してブームに乗っかったわけじゃない」

 アクセストンネルを抜けると鮮やかな色彩が広がる。左手には先ほど遠くから見た五重塔がそびえ立つ。

ふるさと村1

ふるさと村3

 道に沿って右側の建物へと向かう。そこで建物の内装ががらりと変わっている事に驚いた。
「げんきキッズパークだってさ! こんなの出来たんだ!」
「子供が遊べる施設なの? いいねいいね」
 二人で興味津々に中を覗き込みながらも、立ち寄れる理由が無いため素通りするしかない。しかし無邪気に遊具で遊ぶ子供たちを見ていると心が和む。

『げんきキッズパーク』を抜けると広々とした景色が広がっていた。

ふるさと村2

 夏の日差しを、草木や池が反射している。その眩しさに僕らは眩しさに目を細めた。

ふるさと村4

 古い家屋の外観を眺めながら広場内の歩道を歩いていると、不思議な感動が胸の奥底から湧き上がった。自分が過去から未来へつながる流れの一つにすぎないという事、そしてその大河の水滴一つ一つが、悩み苦しみ喜びを繰り返しながら未来へと向かっていたという事。
 みんな必死で生きてきた。
 その結果、今は僕たちが彼らのバトンを握っている。
 僕が先人たちに対して優しい気持ちになれるように、今僕の口から洩れる悩みや嘆きの言葉も、いずれは優しい気持ちで耳を澄ますせせらぎの一つとなるのだろうか。
 そうだったらいいなと僕は思った。

 広場内を一周して『げんきキッズパーク』へと戻ってくる。
 小さな子供を連れた若い夫婦とすれ違った時、彼女がぼそっと呟いた。

「いつか子供を連れて、ここに遊びに来たいな」

 聞こえてはいたけれど、僕は聞こえないふりをした。
 僕も同じ気持ちだった。
 けれどこの気持ちをお互いが言葉にして語り合うには、時期尚早な気がした。
 言葉に出した瞬間、汚れを知らない夢想に現実という手垢が張り付き、その輝きが損なわれるような気がした。
 もうしばらく、夢はきれいなままで、宝箱の中へと仕舞っておきたい。
 僕の抱える問題の全てにかたが付き、今日の思い出を次に開けるその日まで。

 帰りがけにお土産を大量に買いこんだ彼女は、ほくほくの笑みで車に乗り込んだ。


スロペで

『スローペース症候群』的には充実し始めているようにも感じる。特にK君の意欲は日に日に高まっている
ようにも。一方でスローペース症候群として活動するのだから3人の中で完結している事とは別に恐らくは
知恵を出し合ってもう少し出来る事を探してゆくのも必要。


婚活ではないけれど、サイトでの交流…何らかの出会いというものも必要なのかもしれない。過去にスピスタ
市での活動も知らない人とHPに設置したチャットを利用して交流するという日課があった。現在はそれがツ
イッターになっているという感じ。


とはいえ、交流が目的というよりは二本松を盛り上げるという事ならば交流はあくまで二本松に興味を持ってく
れた人に情報を提供するという事が優先される。二本松少年隊の出演する菊人形のCMなどを見ていると、
盛り上がってきたような感じもする。




なんとも言えないもどかしさがある。

今週の重賞

木曜日で出走馬が発表されるわけですが、月曜日から日が経ってないのにもう次の週かと思って
しまうのも恒例ですね。オールカマー、神戸新聞杯はGⅡで面白い重賞です。オールカマーの該
当馬は既にほとんど紹介しているのですが意外にもセキショウがまだでした。

・セキショウは父シンボリクリスエス、母父サンデ―。ヘイルトゥリーズンのインブリードで、戦
績よりも活躍しているイメージがありました。展開が向くと激走するタイプなので、今回の鞍上で
中山2200はベストのような気がします。


神戸新聞杯はディープ産駒が多いです。ただ非サンデーでもなかなか面白い成績の馬もいるので
権利取りのレースで荒れる可能性も十分と見ます。


・マッサビエルは父ハービンジャー、母父サンデー。アウトブリードで4戦3勝2着一回という戦績
は注目に値します。キレ味がありそうな馬ですね。


・馬名も面白いバイガエシは父ジャングルポケット、母父ダンスインザダーク。ノーザンダンサー、
ニアークティックのインブリードで血統的にも地力があるタイプじゃないかなと思ったりします。
ここで勝てなくても、成長力がありそうなので見守っていきたいですね。


・レッドソロモンは父メイショウサムソン、母父サンデ―。ノーザンダンサーのインブリードで成績
はいかにもメイショウサムソン産駒という上がりのかかる馬場でこその馬ですね。今週の阪神がどう
なのかということです。


・ジュンスパーヒカルは父ファルブラヴ、母父サンデー。ヘイルトゥリーズン、Almahmoud、ネイティブ
ダンサーのインブリード。前走いきなり芝を走って勝利。ちょっと不気味です。


・サンライズセンスは父グラスワンダー、母父サンデー。ヘイルトゥリーズンのインブリード。穴馬
ですね。

二本松市の婚活イベント

超・久しぶりにOが更新します。
二本松のイベント情報を入手したので興味のある方は是非…といったところ。
http://www.nihonmatsu-cci.or.jp/other/konkatsu/

我らが二本松市で婚活イベントが開催される模様です。
というか、開催要綱をよく見て頂くと『第二回』という標記があり、調べてみると夏にその記念すべき第一回目のイベントを実施していたようですね。
我々の情報収集力が弱いのと、私自身既婚者であるためついつい『俺、関係ないし』的な立ち位置を取ってしまったのが原因ですね。自らに猛省を促したいと思います。

さてさて、イベントの情報についてですが私のような物がたどたどしく説明するより主催者であります二本松商工会議所・あだたら商工会のHPを見て頂いた方が正確且つてっとり早いと思われますのでそちらをご参照下さい。

二本松商工会議所 http://www.nihonmatsu-cci.or.jp/
あだたら商工会  http://www.f-adatara.jp/

こういったイベントを契機に、二本松市内でのカップル成立…そして人口増加とはいかないまでも人口減少に歯止めを効かせてもらいたいですね。一市民として切に願います。
それにしても某アイドルグループの曲を連想させるサブタイトル…。
文字通りとなるか、それとも本番を前に終戦となるか…参加者の皆さんの成功を祈りましょう。

今週の重賞

今週は3日連続で開催となります。日曜にローズS、月曜日にセントライト記念というのもお馴染みになってきた
かも知れません。ローズSは3歳牝馬ですが、500万下を勝った条件の馬でも出走できる事から紹介できる馬も
ちゃんといます。どちらもハービンジャー産駒なのに注目ですね。


・サンクボヌールは父ハービンジャー、母父バブルガムフェロー。ノーザンダンサーとリファールのインブリード。
社台なので1000万下とはいえちょっと期待してしまいますね。


・テルメディカラカラは父ハービンジャー、母父ダンスインザダーク。ノーザンダンサーのインブリード。配合と
してもサンクボヌールと似通っていますが、こちらはスイートピーS4着の実績(?)があります。


そしてセントライト記念はダービー2着のサトノラーゼンの出走で面白くなっています。期待している馬は何頭か
いますが最近ちょっと残念だったミュゼの馬が2頭出ていて、エイリアンの方は前から注目しているので少し応援
したくなってきます。該当馬一頭です。


・テルメディカラカラは父シンボリクリスエス、母父タイキシャトル。ヘイルトゥリーズンのインブリード。500
万下を勝って以来の出走ですがこの馬も社台。シンボリクリスエスも、タイキシャトルも、母母父のサンデーも
全てヘイルトゥリーズン系で日本の血統も大分変ったぁと実感しました。

今週の重賞

今週は中山、阪神開催週ですね。中山では京成杯オータムハンデキャップ、阪神ではセントウルSがあります。
中山メインについてはハンデ戦という事もありマイル戦線ではどちらかといえば府中の富士Sが好まれるよう
ですが、ここを勝った馬でもゼンノエルシドは凄いレコードだと思った記憶もありますし、過去の勝ち馬もそ
こそこ強い馬が多いです。注目はアルビアーノですかね、3歳の強さを比較する意味でも楽しみです。さて
このレースの馬については過去に紹介してしまっています。キングヘイロー産駒のシャイニープリンス、
メジロベイリー産駒のアルマディヴァンあたりも応援していて、意外とやれそうな気がするんですが。


そして阪神メインのセントウルSはGⅡになって重要度が高くなったレースですね。キングヘイロー産駒
のマヤノリュウジンをK君の為に述べておくことにして、紹介できる馬は2頭です。


・ブランダムールは父アドマイヤコジーン、母父ウッドマン。NearcticとLady Angela(牝系)のインブリード。
重賞では力が足りない印象ですが、掲示板までなら十分あり得ます。


・〇地セン馬のルチャドルアスールは父ケイムホーム、母父はアジュディケーティング。ミスプロ、ボールド
ルーラ、ニアークティックとインブリードが強い感じです。オープン戦ですが戦績は2着3回と安定していま
す。実況でもよく名前を聞く馬で息が長いタイプかなと思ったりしていますが、鞍上にも注目ですね。

いろいろな話題

秋の夜空にイルミネーション「一夜城」。二本松市のHPの事なので既にご存じの人も多いかと思われますが、一夜城は10月だったんですね。時間があれば見に行きたいと思います。

Yahooですが福島絆祭という明日の祭りの事が記事になっています。明日はちょっと所用で時間的に難しいですね。でもかなり大きな祭りになりそうです。




そして「二本松 〇〇」キーワード検索ですが、K君リクエストで『子育て』で調べてみます。二本松もこれからの事を考えると子育て支援は絶対に必要です。お隣の大玉村は結構良い環境らしくて、見倣うところも多いと思います。ですが二本松もこの頃は充実してきたイメージ。O君も実感しているようです。


具体的には屋内遊び場である安達ヶ原ふるさと村の「キッズパーク」がこの頃完成したのと、給付金などがあるようです。保育所、幼稚園についてはこのページが一覧票ですが、数的にどうなんでしょう。そこまで子供の数自体が多くないので、そういう件で困ったという話はそんなに聞かないかなという印象です。過去のデータを見る限り、定員を上回る出生ではないようです。地域の子育て支援センターもHPに紹介があります。


http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/uploaded/attachment/20664.pdf


このPDFを読む限り、子供が病気をした時には少し困るといった事がありそうですね。実際、病院数はそれほど多くないですし、小児科になると少ないと思います。



主にHPかの情報ですが、ググってみてもそれほど関連ページは見当たりません。おそらく絶対数が少ないからという理由もあるのでしょう。

今週の重賞

今週は3つの重賞があります。土曜日の札幌2歳SにはPOG指名馬のペイシャフェリシタが出走するという
事で少しばかり期待しています。2歳だけあって該当馬が8頭。


・リッジマンは父スウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系)母父カーリアン。ダマスカスやノーザンダンサー
などのインブリードがあります。地方馬にして前走オープン2着と期待できそう。


・プロフェットは父ハービンジャー、母父タニノギムレットで5代目にインブリードが集中しています。福永
騎手からC・ルメールに乗り替わりという事でやはり期待馬ですね。


・アフターダークは父ワークフォース母父ダンスインザダーク。ノーザンダンサーのインブリードで前走は
逃げで圧勝しておりパワーとかスタミナがありそうなところを窺わせます。



・ペイシャオブマシーンは父ベーカバド(Danzig系)、母父ラストタイクーン。ミルリーフとノーザンダンサー
のインブリードで、正直言って良く分かりません。


・アラモアナワヒネは父グラスワンダー、母父マーベラスサンデーでインブリード多数。新馬戦の勝ちっぷりが
良いですね。血統的にも応援したくなります。


・ラヴアンドポップは父アドマイヤムーン、母父Quiet American(ミスプロ系)。ノーザンダンサーとミスプロの
インブリード。ダーレジャパンでアドマイヤムーンは良く分かります。が、何故か人気が無いですね。


・アラバスターは父ハービンジャー、母父アグネスタキオンでアウトブリード。レーヴディソールの子なので仕上
がりは早いでしょうね。こういう馬はPOGで狙い目だと気付きました。


・ディーズプラネットは父クロフネ、母父シンボリクリスエスというありそうでない血統。ニアークティック、
ロベルト、ノーザンダンサーのインブリードで非サンデーでどれだけやれるかという感じですね。


日曜日の新潟記念はある種の夏の終わり。この舞台はディープ産駒が強いでしょうね。けれど非サンデーで注目馬
もいます。


・メドウラークは父タニノギムレット、母父クロフネ、祖母がトゥザビクトリー。インブリードはヘイルトゥリーズン
だけで、今年4連勝中で本格化した感じです。上がり馬の典型のような成績はやはりブライアンズタイムの孫に相応し
いですね。


・ロンギングダンサーは父シンボリクリスエス母父サンデー。このパターンだと4代目にヘイルトゥリーズンのインブ
リードになるようですね。名前はよく聞いていました。今回も吉田豊騎手が鞍上のようです。


・ファントムライトは父オペラハウス、母父サンデー。ノーザンダンサーが奇跡の血量、ヘイルトゥリーズンの他、珍
しいことに『母系』で2つインブリードが発生しています。どうやら新潟2000は走るようですね。


・ユキノサムライは父バゴ、母ヒメ(母父ダンスインザダーク)というちょっと名前が面白い血統。ノーザンダンサーと
ヘイローで息の長い活躍を見せています。


最後に小倉2歳Sですが、出走馬にはキンシャサノキセキ産駒が多数。よほど小倉1200が合っているようです。また
珍しい血統の馬もいます。


・タガノミルキーは父タガノゲルニカ(その父ブライアンズタイム)、母父スウェプトオーヴァーボード。アウトブリード
でやはりダートを走らせてみたいですね。


・キンショーユキヒメは父メイショウサムソン、母父サンデ―でアウトブリード。新馬戦1200を上がり36秒2で勝って
いるというのをどう評価すべきかですね。


・コウエイテンマは父カジノドライヴ、母父ミルジョージ。レイズアネイティブのインブリード。オープン勝ちをしていて父
カジノドライブですから結構強いのかも知れません。


・有名になったオウケンダイヤは父オウケンマジック(父タニノギムレット)、母父ジャングルポケット。やはりサンデーの
奇跡の血量のお陰と考えたくなるような新馬勝ちですが、オーナーブリードかも知れませんね。このレースが試金石です。


・ファビラスヒーローは父スウェプトオーヴァーボード、母父シンボリクリスエス。アウトブリード。葦毛ですが真っ黒ですね。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR