FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

今週の競馬

今週は平地GⅡが2つとGⅢが1つあります。金鯱賞は面白くなりそうですが、
フィリーズレビューはラッキーライラックが衝撃的だったので対抗をここで
見つけられるかどうかは気になります。土曜日の中山牝馬Sについては恒例
ですが「割愛」ということで、日曜日のフィリーズレビューから見ていきま
す。


・デルニエオールは父ステイゴールド、母オリエンタルアート。つまり、オ
ルフェーヴルの妹なので良血と言うほかなく、現時点で2勝しているとなれ
ば兄弟同様の活躍を妄想してしまう人もいるかも知れません。牝馬ですが馬
体が小さいのでその辺りは割り引いて考える必要もあると感じます。



おざなりの観がありますが金鯱賞はサトノダイヤモンドに注目するという
事だけにしておきます。



オープン戦は土曜阪神メインのポラリスSからレッドゲルニカを。


・レッドゲルニカは父カジノドライブ、母父Point Given(その父サンダーガル
チ)。マイナー枠で選んだ同馬ですが、血統的にはもうアメリカ血統。ミスプ
ロの4×5で能力は確実にある馬ですが、藤沢厩舎で「レッド」だとレッドレ
イブンを思い出させて、今回もオープン戦に出走なので今後重賞に出るのか気
になるところでもあります。
スポンサーサイト

今週の競馬

今週は弥生賞があります。チューリップ賞もGⅡですが、名前だけで弥生賞の方が
レベルが高いように感じてしまいますね。さて、土曜日の中山オーシャンステー
クスについては紹介馬が多いので割愛。ナックビーナスに注目することにします。
対してチューリップ賞からはリリーノーブルを。


・リリーノーブルは父ルーラーシップ、母父クロフネ。ノーザンテーストの4×5
のみのインブリードで何となく新しいタイプの血統ですね。前走GⅠで能力の高さ
を見せていますし、ラッキーライラックの成長次第では逆転もあり得るのかなと
妄想してみることもできます。サンデーの血は入っていますがこの馬にまたサン
デー系の種牡馬を配合することもできそうなのが『新しい』と思うところでしょ
うか。


弥生賞からはマイナー枠でアサクサスポットを。


・アサクサスポットは父ワークフォース、母父エルコンドルパサー。祖母がプライム
ステージで重賞馬ですし、マイナーとはいえ活躍してもおかしくはないとは思います
が、インブリードがエルコンドルパサーなみに強烈です。キングマンボの3×3だけ
でも相当濃いのに、そこにサドラーズウェルズの3×4、そのほかにもノーザンダン
サーの4×5×5などがあります。『危険な』配合に足を踏み入れているような気も
しますが、ダートで新馬勝ちしています。ちょっと気になる馬ではあります。



オープン戦については日曜中山10レース総武ステークスのブレスアロットを。


・ブレスアロットは父キンカメ、母父サンデー。ノーザンダンサーの5×5×4の
インブリードがあり、キンカメ産駒の中でもダート適性があるタイプ。上手く乗れ
ば勝てそうな気もするのですがダートはオープンでもレベルが高かったりしますの
で、穴馬の一頭という感じで捉えていたほうがいいかも知れません。

今週の競馬

今週は中山記念と阪急杯があります。中山記念の週になるともう春だなという
気持ちになりますが、大阪杯を見据えると結構大事なレースになっています。



まず中山記念についてはほぼ既に紹介している馬なので予想でウインブライト
が面白そうかなと思っていて、まあペルシアンナイト、アエロリット辺りは応
援という感じ。血統的には母父がナリタブライアンのマイネルハニーを応援し
たいのですが、とにかく面白いメンバーが揃いましたね。



続いて阪急杯は過去のPOG指名馬ペイシャフェリシタはさんざん紹介している
のでここでは取り上げませんが注目しています。ここもかなり面白いメンバー
が揃いましたが既に紹介しているようです。



なんだか中途半端な更新になってしまいますが、それを見越してオープン戦から
日曜阪神9レースのすみれSから、良血馬キタノコマンドールを。


・キタノコマンドールは父ディープ、母父キンカメ。DMMのクラブで所有されて
いて北野武さんが命名した馬でノーザンダンサーの5×4のインブリードがあり
ます。言い方はあれですが「金にものを言わせた感」が漂っており、引退が発表
されている(※訂正しました)デニムアンドドルビーの全弟なんですね。ある程
度以上の能力はあると思いますが、応援しようかしまいか微妙な心境です。なんと
なく「サイン」が揃っているような気もするので注目ですね。

今週の競馬

今週はいよいよフェブラリーSです。テイエムジンソク鞍上の古川騎手が騎乗停止
というニュースを見て「ああ…」という声が出かかったところでフェブラリーには
乗れるという事でしたのである意味「追い風」だなと感じています。とりあえず土
曜日のダイヤモンドSから。注目というより、マイナー枠でよく分からないという
理由でダウンザラインを。


・ダウンザラインは父アドマイヤオーラ、母父オペラハウス。ノーザンダンサーの
5×4ですがアドマイヤオーラ産駒らしくダート適性があるようで、格上挑戦の上
にダート馬という事で陣営に何か考えがあるのでしょう。長距離適正があるという
判断だと推測するのですが、好走できれば可能性も広がったと捉えるという事です
かね。


京都牝馬Sもマイナー枠でオーヴィレール。


・オーヴィレールは父シンボリクリスエス、母父クロフネ。ヘイルトゥリーズンの4
×5でこの配合だとイメージ的に『重く』なりそうな印象ですが、スピードタイプで
なかなかの実力がありそうです。勝ちきれない可能性もありますが、前走の好走は目
を惹きます。



さて毎年予想が難しいフェブラリーSですが、今回はゴールドドリームとテイエムジ
ンソクだと思いながらレース結果を待とうと思います。何となく2強という気がする
んですよね。



小倉大賞典については紹介馬も多いため、今回は割愛します。予想も難しそうなレース
ですね。そしてオープン戦からは日曜東京9レースのヒヤシンスSから良血気味のマイ
ナー枠でアスクハードスパンを。


・アスクハードスパンは父ハードスパン(Danzig系)、母父ロイヤルアカデミーⅡ。
母はイルバチオという重賞馬で、アイビスSDで上り31秒6を出した実力馬。今は
日本では珍しいノーザンダンサー系同士の配合で、ノーザンダンサーの奇跡の血量
がそれを物語っています。先週もノーザンダンサーの18.75のインブリードを
持つオウケンムーンが重賞を勝ちましたが、今回はダートなのでちょっと未知数な
ところがあります。ちなみにロイヤルアカデミーⅡは深い理由はないものかなり好
きな馬で、地味に良血だと思っています。

今週の競馬

今週は京都記念がある週ですね。レイデオロの走りに注目するとして、とにかく
いいレースが見たいですね。3日間開催の今週は日曜日の東京では共同通信杯が
あります。グレイルが強いとの評判ですが、ここはマイナー枠でオウケンムーン
を取り上げます。


・オウケンムーンは父オウケンブルースリ、母父エリシオ。ノーザンダンサーの
奇跡の血量というなかなか興味深いインブリードがありますが、とにかくトニー
ビン、ジャンポケ、オウケンブルースリと続いてきた血で勝ち上がってきている
わけですから何か奥深いところが感じられます。府中の舞台が合いそうだと思う
のも自然で、サンデーの血が全く入っていないのもまさにロマンだなと思います。




京都記念については予想を。地味にモズカッチャンが好走しそうな気がします。
本命レイデオロ、対抗モズカッチャンという事で。



デイリー杯クイーンCは良血枠でオハナ。


・オハナは父ディープ、母ハウオリ。先日亡くなったノースフライトの孫にあたり
ますが母父がキンカメで金子さん所有という事で、やりたい放題の感がありますが
能力的にはまだ判断に迷うところ。アウトブリード配合なのが少し物足りなさがあ
るのでしょうか走って当然という血統ですが、姉のハナレイムーンも重賞では少し
力が足りないという印象でした。もしかすると奥手なのかも。




さてオープン戦の注目馬ですが、日曜東京のバレンタインSのスピーディクールです
ね。


・スピーディクールは父サウスヴィグラス、母父フジキセキ。アウトブリードで、ダ
ートの短距離レースならこれからも勝ち鞍を増やして行ける馬だと思います。地味で
はありますがサウスヴィグラスは種牡馬としては非常に優秀で重賞を勝てるとかそう
いう次元ではなくて、とにかくダート短距離ならば『走る』という共通認識が出来て
いると思います。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR