FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

見つめて

やればやっただけ結果(成果)が出るという『何か』はやはり続けたいと思える。その何かが
例えばポケモンGOだったり、創作だったり仕事だったり…と続けてゆくとそういうものはわ
りと少ないんじゃないかと思えてくる。


工夫は必要だ。けれど工夫していい方法を見つけるにもまず取り組んでみるしかないという気
もする。他方で、かなり長い目でみればやればやっただけの反応があるというのはある程度確
かかもなと思えるような事があって、結構満たされた日。


自由にやっている事は「ここまでやればいい」というのが実際決まってなくて、ある種自分の
気持ちが続いてそのクオリティーまでは漕ぎ付けたという事の繰り返しだ。自分で何かを決め
て、それが面白そうだったらやってみる。一度やってみた事が『過去』になり、それと比較し
て今が確認できるという事もある。


散歩をして綺麗だと思って撮った「彩雲」をこの前ツイートしてみた。今日見た雲はそれより
は彩が少ないけれど、何か空に重なった部分が奥ゆかしさがあるように感じられた。比べられ
るというのもやはり「過去」があるからだ。美しい景色の発見とか情景との出会いも、やはり
長い目で見ればやっただけ良いものに出会えるような気がする。もちろん、何も見つからない
「間」があって、結果が出るという事を信じられなくなってくる。



むしろ、そう思えるまで続けて結果を出しているだけなのかも知れない。



主に創作の事でまた「工夫」というか、意識をする事が増えたような気がする。意識をする事
が多い場合に、それを持続させるのはなかなか大変ではあるがある種創作をする場合にはキー
となる要素だと思っている。意識して見続けるとか、続けるのも何かの成果に繋がると、自然
に思えている。
スポンサーサイト

そう思うからこそ

早く起きる必要もないけれど寝過ごした感じ。朝ちょっと起きて雨天になりそうだなと思った
ので計画していた市内の町歩きも考え直して、結果的にすることが特に無くなったのもあって
眠っていたのである。


それでも午後からは日課になっている散歩に3時からの競馬と妙な具合に満足感があって、こ
んな日には余計な事をしなくてもいいなと思いはじめたところで、


「何となく勿体ないな」


と感じた。昨晩に自分が意識していた事の続きというのか、その向こうに行くチャンスなので
はないかと思い直して、とにかく「何かを進めよう」と決める。



進めるという気持になったのはいいけれど、何を進めようか。小説、音楽、勉強。どれでもいい
けれど今のこの気持ちをカタチにしたいというのと、進みたいのだから『進めればいい』という
気持ちがあってとにかく「前」と思える事に意識を向けようと思った。



多分、このブログ的には創作も望まれている事で、うだうだ考えているよりも創って見せる方が
良い事なのは間違いない。でもこういう『日常系』も場合によってはブログの意図に沿う事もあ
る。



と振り返りつつ散歩の事を思い出す。近場の散歩でもルートを変えると発見があって面白い。昨
日も少し長めに歩いて、大分風景が変わるところまで辿り着いた。日常というのは真新しい事は
ないけれど、同じ場所に些細な変化を見つけることによって成立しているとも言える。そういう
意味では、はみ出さない程度にちょっと逸れてみるようなルートを選ぶのも楽しい。



最近のポケモンGOの話題では「メタモン」が一番大きいけれど、市内でも普通に捕まえられる。
特にお城山は優遇されている感があって、私はそこで捕まえたのだが管理人Oは更にカイリュー
を捕まえたそう。



ポケモンGOも日常感があるゲームだと思う。特別なイベントはあるものの、普段は地味に歩い
て静かに見つける事が喜びになって、積み重なってゆくものでもある。重い腰を上げるようにし
て行うような事は継続できない。同じように、「その日だけ」物凄い意識で事を行うのはどうも
物足りなく感じてしまう。



なんであれ、凄い事でも地道に積み重ねていかなければできないと分ってきている。地味かも知れ
ないが一つ一つ気付いたことを記してゆくような事を、今は続けていく事の方が「前」だなと
思った。

朝に

いつになくスッキリしている。大事だと思っている事がふっと浮かんできて創作になりそうな感覚がある。


前回のように集約するように意識しても結局「今」がなんらかの意味で最前線なのは正しく、うつらうつらと余計なところをそぎ落として、一つの線だけが意識できるような感覚。


「新しい何か」から日常系への移り変わりとでも言えそう。風がビューッと吹いているのが聞こえる。休日だが早朝で、猫は起きて居たりなんとも微妙な時刻。



静かな時ほど小さな音がよく聴こえる。僅かなざわめき、というほどでもなく本当に微かな、、、。


落ち着いてはいるけど小さな地震もあって気にならないと言えば嘘になる。けれど何かしら平常な気分で朝を迎えたのは自分の中に何かが蓄積されているからだろうと漠然と思う。



醒めた意識で、それでも何か期待している。胸の内に秘めた何かが言葉を待っているような。やれるだけやってみようと思う。

可能な範囲で

来週くらいからまた仕事の事を考えるとして、今週はひたすら散歩=ポケGOに明け暮れる日々である。
毎日10キロくらい歩いていて、主な目的はポケGOだけれどこれまで歩いたことのない道を開拓して
散歩コースを決めようというつもりで色んな道を通っている。地名にも大分詳しくなった。


基本は「何にも無い」という場所をそれでも目を凝らして見てみるとやはり場所によって様子が異なる
のが分かるし、雰囲気も違う。リアルでシビアな事をいうと除染した土の仮置き場が外れの方に点在
していたり、坂が多くて普通は歩くようにはできていない感じで続けるには根性が要る。でももともと
ポケGO自体がそういう地道でコツコツと積み上げるのが好きな人が続けられるゲームなので都合が
良いと言えば良いのかも知れない。


景色が美しい場所も結構ある。午前中は某公園の周辺を歩いて雲一つない空の様子に目を奪われた。
午後は午後で寒さを感じつつも気持ち良く過ごせたように思う。



管理人O君や関係者K君が仕事や私生活で多忙との事でなかなか一緒に何かをやる事は難しく、昨日
も寝る前辺りに何となく行き詰まりを感じたりしていたけれど、自分もここ一か月はこのペースでは
更新できていなかった事もあるし、毎度のことながらネタ切れも続けてゆくには厳しい案件である。



その辺はあまり格好良い事は言っても仕方ないのかもと思う。気持ちはあるけれど、具体的にどうにか
ならなければ何も出てこないわけで。それでも尚、「せめて」という気持ちで言うとすれば可能な範囲
でやれる事を探すという事だろうか。

何かがなくて何かがあって

ある意味やり難いと思っているからこそやってみる価値があると思い直す事が多くなっている。歩くにしても、もうこの辺りでいいかなと思えた地点からもう少し歩を進めてみるという感じで。


今日は実際そういう風に活動したと思う。長く歩いたし、景色を見ながら意識的に良いものを見つけようとしたり。それが何のためなのか、結局そうやってみてどうなったら満足なのか、今ははっきりしない面もある。紅葉がまばらだったり、一様でないのでどうも雰囲気が出ないけれど、間違いなく寒い。そんな日に外に出てる時間も多く、やっぱり何かを探しているのかも知れない。



この頃時代が変わっても生きてゆく事の大変さは何らかの意味では変わらないようにも感じられている。何かがあっても代わりに何かがなく、ないようで別の何かがあるといった具合に。



今日はお城山にも行ったのだが眺めも良かったのでツイッターに写真を上げてみた。自分でもよく分からない心境の変化もある。


プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR