FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

POGドラフト

昨晩は友人Oくんと市内のバーでPOGのドラフト指名に参戦してきました。
結果から言えば、自分が取りたい馬はほぼ取れました。Oくんとも少し個
人的にも話が出来ましたし、なんとなく色々な事を取り戻してきたなと
感じます。


指名馬について「時間」をどのくらい掛けるのかとか、「集中力」をど
の程度掛けるのかについて毎回


<もっとじっくり選べばよかった…>


と後悔のような感覚が残るのですが、じっくり選ぶとなると千単位で指名
馬を考えなければならず、そちらは実は現実的ではないなと感じます。自
分の場合は直感と血統ですね。参加者にも自分の指名した馬が欲しかった
という声を挙げた人もいますし、見る目はだんだん養われているような
気がします。


もちろんPOGは始まってからが様々な事情で上手く行かないことがあると
一回目で学んでいますし、とにかく活躍を願うばかりです。
スポンサーサイト

夏の福島開催に向けて

宝塚記念は応援していたゴールドアクターが2着でまあまあ気分は良いのですが、キタサンの敗戦は
色々考えさせられたような気がします。前日に降った雨でサトノクラウンの人気が一気に上がった時
には「なんか不穏な空気が…」と思っていましたが、それよりも当日武騎手が9、10と連勝したの
を見て「逆に大丈夫かな…」と不安に思ってしまった自分がいました。もともと「ワイド」を狙う方
が堅実だなと考えていましたし、1倍台で大金を賭けるというのもちょっとなぁという気持ちで見守
っていて、直線伸びないのを見て残念な気持ちが結構ありました(安易に予想をするのも考え物だな
とも)。


とまあそれでも競馬に対してはますます面白さを感じてしまい、この記事でも月曜日ながら今週開催
となる福島競馬場の魅力を語りたくなるのです。今年はちょっと予定があって何度もいけそうにはな
いのですが「夏競馬」を味わうにはぴったりの環境です。府中に比べれば混雑もそれほどでもないだ
ろうし、なにより暖かい季節なので外で観戦すると気持ちが良いです。



昨日も宝塚記念ということで少し競馬場に行って、これからの予定のパンフレットなどを手に入れて
きました。見えにくいかも知れませんがご容赦を。


201706261343146db.jpg

20170626134325cdf.jpg





福島競馬場は普通に市の中にあって福島市自体が競馬場がメインという街でもないのですが、高校時
代に通っていた場所なので土地勘があり雰囲気も好きですね。観光も込みでいらっしゃる方がいたら
、とりあえずは福島駅で降りてバスというのが楽だったり仙台からは競馬場行きの高速バスもありま
す。他県から来た人にはやはり地酒をお勧めしたいですね。とにかく競馬場の雰囲気もヤジなどがほ
とんどないですし、初心者におススメできる環境だと思います。



等々…紹介していればキリがないですが、特に今週のメインレースであるラジオNIKKEI賞は福
島の名物レース。秋のクラシックに繋がる…かも知れないですし、夏開催に参戦する有名どころの騎
手もかなり間近で観れるので得した気分になると思います。

宝塚記念で思う事

宝塚記念の武豊の勝利宣言、と受け取れるような発言は「らしいな」と思う。常人なら
プレッシャーで冷静な騎乗が出来なくなるという躊躇いもあるかも知れないが、考えよ
うによっては『モチベーション』をあげる上では最善かも知れない。11頭立てで必ず
勝たなくてはならないという陣営の意志とモチベーションがあるのは凱旋門をにらむキ
タサンブラックだけれど、一方で「別に勝たなくてもキタサン最強を疑う理由にならな
い」という意味ではメンバー構成から言ってここを勝つ理由が欲しくなる。


そこでこの勝利宣言による人気の被り方が加わると意識的には引き締まって「絶対に
勝たなきゃ」という精神状態に持ってゆけるだろう。それを「ファンの為にも勝ちた
い」という風に意識するなら…



じゃあそこに割り込んでゆける存在はあるのかなと思うと、むしろ1倍台のオッズで
「余計な事をするな」のプレッシャーが逆にあるような…とすると「空気が読めない」
と言われると分っていても「勝ちに行く度胸」を持った人がいるかという話にもなる。



モチベーション的に「ここで絶対に勝ちたい」と思っている陣営があるのか、と…
個人的にはむしろそういう人が居るなら凄く面白いと思ってしまう。

POG参考用⑤

ダービーが終わればすぐにPOGの季節ですね。以前に予告していたようにPOG用のメモとして紹介してきた良血馬の弟や妹を調べてリストを作ってみます。これは5月分。


・牡マイハートビートは父ゼンノロブロイ、母父Intikhab。ヘイルトゥリーズン、ミスプロのインブリードでサトノラーゼン、サトノクロニクルの半弟に当たります。


・牝ローズベリルは父キンカメ、母父アグネスデジタル。ミスプロの3×4でブラックスピネルの半妹。サンデーレーシングで何となくですが人気が出そうな気がします。


・牡ヤマカツヒーローは父ヘニーヒューズ、母父グラスワンダー。ノーザンダンサーの5×5でヤマカツグレース、ヤマカツエースの半弟。子出しの良さそうな母ですが、ヘニーヒューズなので距離適性は短めなのかなと思ってしまう部分はありますね。


・牡コパノジャッキーは父ゴールドアリュール、母父ティンバーカントリー。アウトブリードでコパノリッキー全弟。ダート血統なのでPOGでは狙い難いですが。



・牡ロビンズソングは父ルーラーシップ、母父サンデー。ノーザンテーストの4×4で目黒記念馬クリプトグラムの半弟。吉田勝己氏がオーナーで、やはりルーラシップ産駒として魅力的なところがあるように感じます。




以上です。

POG参考用④

さてとりあえずはPOG用のメモを現時点までの分まではアップロードできます。5月中に紹介するであろう馬の弟、妹についても随時更新してゆくつもりですのでご期待ください。


・牝シャンテューズ父クロフネ、母父サンデー。母はダイナカール一族のマリーシャンタルで渋いところだとファントムライトが出ています。ノーザンダンサーとニアークティックのインブリード。吉田勝己オーナーですね。


・牡ダークナイトムーン(サダムパテックの半弟)父ディープ、母父エリシオ。インブリードはノーザンダンサーのみ。社台で尾関知人厩舎。名前が格好良いですね。


・牝テネイシャス父キンカメ、母ヒカルアマランサス。アウトブリード。活躍馬はそれほど出ていないようですが、池江厩舎でシルクレーシングという事とリンク先にある写真の馬体が凄いですね(自分の目を信用すればですが)。



・牝サラーブ(シャケトラの半弟)父ルーラーシップ、母父シングスピール。ノーザンダンサーとミスプロのインブリード。写真では馬体が良さそうですね。


・牡ピボットポイント(ワールドインパクト等の全弟)父ディープ、母父Pivotal。リファールとノーザンダンサーのインブリード。友道厩舎でシルクレーシング。ある程度は勝ちあがれそうな血統ですね。



一応これで4月分のメモが完成しました。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR