FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

終了

何度かこのブログで同じ展開になっているけれど、やはり行き着くところまで行き着いたらしく、「独り言」での報告は終了という事にする。
スポンサーサイト

3月8日

どういう状態であっても最善を追求してきたものであるなら、という観念はある。作品にしてきたものについては「評価出来ている」ような心境だと自分にとってはどうも効果があるというか、狙った通りのものになっていると感じられる。


それでも常に「今」出来る事が浮かんでくるし、事情が分かっている自分(達)だけじゃなくて客観的に良いものに向けて努力してゆく事は出来る。


どちらかというと今は試行錯誤の段階に感じられる。留まっている所でプラスアルファーを狙うのが最善だと思うし、そうする意義も感じている。


自分のイメージに

早朝、ブログを更新した時に『流れの必然性』という言葉が浮かんだ。
説明が難しい事だが早朝目覚めて、ネットが出来るとしても利用する
多くの人が基本的には眠っていて得られる情報、そしてそこを『観測
する』上で味わう「流れ」というのは日中のそれとも、休日のそれと
も違っているというのはどう考えても明らかだろう。


早朝という『時間的』な必然、「他の人も利用していないだろうから自
分も利用しない」という論理が連鎖する必然ともいうべき結果が、その
独特の


「まあいいか」


という感覚を作り上げている。ツイッターのようなリアルタイムの情報
源は特にその傾向は強い。そこで期待できる『流れ』、『目覚め』に繋
がる情報の多少、こういうのは意識はしていないけれど既に自分の中に
出来上がっているし実際に確認すると「まあいいか」になってゆく。



考えてもみればそれと同じことがテレビにも、場合によってはブログに
も生じている。『テレビ』を流しっぱなしにした場合の『平均』の、ク
オリティーなり趣味に合う率は、自分の気分にとってある種の必然とい
うか「傾向」を生じさせ得るだろう。タイミングがそういうものに関わ
っているとして、こういう『流れの必然性』に対して自分が望む流れを
自分に与えるにはどうすればいいか、という事が大事だろうなと思うの
だ。



実際、それは『創造』するものだと思う。そして録音のように「デジタ
ル」で再現可能だからこそ理屈として可能と考えられる『精度』と『レ
ベル』の流れがあって、次第にスムーズにしてゆけるのだろうと考えら
れる。



ただ理論はそうであっても実際に何かを「創る」となる場合、これ以上
考えてどうこうではない。「自分のイメージに集中できる時間」を大事に
してゆくべきだなと思う。

ぼんやり

漠然と感じる世界観。寝ぼけている頭だけれど、それなりに穏やかに見ている、こういう時の感覚というのは何なんだろうと思う。


これからがどうなるのか、全く読めないわけでもないけれど自分がこういう時間に書くことも含めて気紛れに動いて行く余地もあって、この感覚の先は何処かに繋がっているかも知れない。


「感覚で動いてゆく」という事はつまるところ感覚的なものを現実化している事だとも思われる。目が覚め切った時の関心事ではなく、この感覚でしようと思う事。


それを後で、ある瞬間の自分が見直してどう評価するか?


優先順位が「眠る事」にあるような、そういう価値観で、それは確かに常にではないけれど世の中の事よりもただ眠りたいと思うような条件はあって、そういう部分を揺り動かして何かを語る時、何かしらのアドバンテージを使っているのかも知れない。



続けて行けるか

「『自分』を繰り返してゆく」という事に深みを見出している。一回一回と続けてゆく繰り返しは恐らくいつか「特殊な偏り」になってゆく。

どう足掻いても難しいことは難しい。一つの事というより、色んな事が関係しあう中で、何かを続けてゆくという事が段々と綱渡り的に見えてくる。

それでもどういう訳か前を向こうと思える事がタイミング良く起こる。多分、世界の「精一杯」がそういうタイミングでやってくるのだ、と感じる。やはり自分も「精一杯」をこのタイミングで発信する。もし自分がそういう連鎖の中で意味を成しているのだと言うのなら、自分の為にも「ここで」と思ってしまう。


それが「進む」という事になっているのかもと思う。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR