FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

とっぷぺーじ

ようこそ!!


二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ「スローペース症候群」は二本松の事、趣味の競馬、読書、などの事について書いてゆくブログです。何かのアクションに繋がれば良いと思っていますが基本的にスローペースで、二人で何が出来るかを考えながら進めていこうと思っています。


管理人紹介

管理人H:『ナンセンスに』というブログを書いている方(なんとかさん) ※YOUTUBEのアカウント
@nonsensky

管理人O:浅見家の本棚(レトロゲームも入ってます!)"というブログを書いている方(浅見ヨシヒロ)
@liverpoolxabier

関係者K:『ばからしきすばらしき日々』というブログを書いている(幕田卓馬)
@LL6JS


Twitterも是非フォローしてみて下さい。


短編:


   リアルファンタジー   僕等のぼんくらリターンズ   僕等のぼんくらリターンズ2   歴史に思いを馳せて
   遠く   冬の風物詩   秘密のダシ   唐揚げの怪   僕等のぼんくらリターンズ3
   ザ・クレジット   ザ・クレジット2   ザ・クレジット3   ザ・クレジット4   ノスタルジーを越えて   季節に残すもの   特別な世迷いごと   リアルファンタジー2   今日の空気   散歩のリレー   中学校の毎日   かがやいて   読書のすすめ   寒空のアイス   包まれて   世界の果てから   ささやき   雨に告げる   ビール一杯とノスタルジー   秋の始まり   ゐちゃゐちゃ   金木犀に何かを   秋は読書に   新米の季節   酒に酔い   ココアのように   はずれのゆき   容易ではないのです   悪くない味   同じ未来   デモデモ   あの時の「それ」   星の元に   柔らかな光   6月のある日   応用   またこれから   あの時の   束の間のざわめき   通り過ぎてゆく   心がどこかに飛ぶのなら   喩えようもなく


   燕のジョナサン   心臓のゆくえ   森の熊さん   雨降って地固まる   裏・浦島太郎(『浦島記 大幅改訂版』)   『今日の馬券は当たる気がする』   本棚と先輩   その呟きの先に


 夢十夜               



   イン・マイ・ポケット   雪が降ると 



競馬小説:


管理人O

管理人H


シリーズもの:

Uターン(K氏作)       


祭りの記憶(管理人H)                         完結 祭りのあと



麗しき人の夢(管理人H)                 ⑨―1   ⑨-2   ⑨-3                          完結



フレミングに宛てて(管理人H)                         


ある未来の話(管理人H)   


今後も短編などの作品をアップする事があると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 二本松情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

傾けてくれる人に

活動を続けてみて分った事がありました。読んでくれたり聴いてくれる人への気持ちで動くことが
大切だなと。まあそもそもそういう人たちが出来てから自然とそういう気持ちが出てくるのだと思
いますし、そもそもそういう余裕もないというか自己満足で良しとする孤独な書きものだと思って
いましたし、気持ちが生まれようもなかったので仕方ないと言えば仕方ない事です。


これからの事で言えば『耳を傾けてくれる人へ』という気持ちでやってみようと思います。



さてそんな感じで始めますと、必然的に耳触りの良いものにする他ないという感じになりますが
伝えたい事が「ありがたい」以外に何かあるのかというところが空っぽならばそもそも続ける意
義も失われてしまうようなものなので、何かしらは用意する必要があります。



まあとりあえずですが改めてここでの活動の核である「管理人O、関係者K、管理人H」という
三人でのノリと、二本松的な事を紹介してゆく事くらいしか出来ないのもありますが、実際のと
ころ管理人Hにとっては管理人Oや関係者Kも『耳を傾けてくれる人』なわけで、一括りにする
のは難しいのですが、多分その時々でどちらを優先するかは変わってくると思います。



あともう少し何かを考えなければならないとは思いますし、むしろ『耳を傾けてくれている人』は
今まで通りの方が良いと思う場合も考慮しなければならないかもなと思ったりします。

投票

さりげなく投票を設置しました。コンテンツは揃ってきたものの、手広くやっているためどうも需要がどのあ
たりにあるのか時々分らなくなる事もありまして、方針を考える為にもどういうものが望まれているのかを
確認するのもいいなと思いましたので設置しました。


スロペの方も立ち上げてから大分時間が経過しました。過去にHPを運営していたという事もありますがアク
セスを伸ばそうというよりは自分達で長く続けるという事が目的となっている部分もありまして、管理人Hと
しては作品発表の場でもあるわけですが、最近では『読者』があってこそという事を痛感しておりまして、可
能な範囲で読者の要望に応えてゆくのも方法だなと思っています。

K君のページ

リンクにも既に張ってありますが、ばからしきすばらしき日々というK君のWEBページが出来ました。小説がメインのサイトですが、日記的な内容の文章もなかなかのものなので是非チェックしてみて下さい。


ちなみにK君ことkuma_suke君のツイッターは @LL6JS です。

見る人がいなくても

『このブログは誰かが見ているのか?』


かなり早い時期にO君が書いた記事だが、確かにこれはブログを続けてゆくうえで悩みの種になっている。
ブログは「ある」「存在する」だけで意味があるものとは恐らく違っている。あくまで管理人が記事を
書き更新してゆく事で内容が充実し、読む人にとって何かの刺激になるようなサービスである。
『読む人がいないから書かない、書かないから誰も来ない』の悪循環を断つとすれば「読まれようと読まれまい
と積極的に更新してゆく」しかないのは確かである。ただしその場合、せめて自分達だけでも続ける
意味を見出さないと続くことは無いわけで、それはある程度は見つける事が出来ているが、確固たる
意味を見出しているわけではない。


勢いではどうにもならない。多くの事は出来ないので、とにかく中身が問題になる。せめて続けてきた事が
自分達にとって何らかの糧になるようなそれなりに時間を掛けた試みが必要になる。常に面白い事ばかり
ではないが、二本松についての話題は少しづつ以前よりもはっきり自覚されるようになってきた。
小説の進み具合は中々大変だけど、それなりにカタチにはなりつつある。


このブログが誰も見ていなかったとしても、続ける理由はあるのかも知れない。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR