FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

『もう』と『まだ』

一時的な気持ちの高ぶりのようでもあり、それが切っ掛けのようでもあり。


休日である今日は本当にだらけようと思っていたのだけれど、フジファブ
リックの新曲がこの上なく心を揺さぶって、その歌詞にあるのように消え
てしまいそうでも強い光を放っているこの願いというか想いを何かに留め
ておきたい、その行く末を見守りたいような気持になっている。



時代が変わるように、新しい雰囲気に伴う感情が生まれてきている。積み
重なってきたし、これからもそうである筈の色々な記憶や情報という名の
何か得難いもの。秋と夏が入り混じっているかのような空気は、『もう』
と『まだ』がせめぎ合っているのだろうか、でも何故かそれが心地よい。




常にここから始める、そしてその先に行く。その時、私は振り切るようで
いて、何処かに尾っぽが残るようなそんな、それさえもが必然であるかの
ような気さえしていて、だからと言ってそれが完全ではないという事でも
ない、そんな風に感じた。



多分、こんな風に自分は動いてゆくんだろうなと思う。
スポンサーサイト

それじゃあどうする

仙台の方にライブを見に行った。会場の環境が良く、全体的に理想的な条件
で音楽を聴けて楽しいかった。それが終わったあとホテルの一室で寛いでい
ると、やっぱり自分の活動について考えを巡らせ始めていた。


ライブの空間は非日常…「稀」であろうし、そういう時間を味わえたことは
それこそプライスレスと言える。どうあっても次には「日常」になってしま
うのだが、そこに戻るまでの微妙な猶予の時間に思う事はこの記憶と感覚的
な印象を留めておきたいという事だ。ライブは短い時間に良いものを一気に
味わうという感覚で言葉にできない事(言い方を変えれば情報)でも、確か
に自分には残っていて、それはもう作品にできるくらいのものなのだと思う
し、そうするのが自分にとっては自然じゃないかとさえ思える。



ライブ当日は二本松では提灯祭り最終日で、こちらを見に行けなかったこと
は残念ではあったのだが、むしろそういう日だからこそ特別感があったなと
思う。



自分がどういう事を望むのか、という事は今一番考えている。良いものを見
る為に頑張っているような気もするし、単純に仕事で上手く行くような事を
望んでいるのかも知れない。そのなんとも言えない今の心境と、凄くポジテ
ィブな意欲が何となく面白い組み合わせだなとは思う。

理想ともいうべき

何もかも「稀」になっていると伝えようとすることが他の人には想像し
にくくなってくるのだろうなと感じる。Kくんとの活動もお互いに「もう
同年代でこういうことをやっているのは殆どないんじゃないだろうか」
という事が感じられる程度には「稀」になっているし、言い方を変えると
特別、特殊な状況なのだとしたら、いい意味なのだけれど現実感がない
のかも知れない。



自分のテンションを保ったり、自分達が楽しいという事が続けている理
由なのかも知れない。とにかく『進む』、『探す』、『続ける』という
事を繰り返してゆくしかないのだけれど、何かぼんやりと求めているも
のが浮かんでいて、例えばそれは自分の『ナンセンスに』というブログ
との関係で生じている、理想ともいうべき雰囲気なのかなと思う。



それはどういう風に表現できるだろう。

ような

何も感じていないようでうっすらと色づいているかのような心。
薄い色合いの空、木々。この静けさは浮かんでくる言葉を追う
にはちょうどよいかも知れない。


夢の中でも律儀に振舞っているその理由が何なのか、良くは分
からないけれど自分のしたことが何かに繋がってゆくようなそ
んな連続の中で、自分が求めているものが何であるかに気付く
ような展開は目覚めた今でも印象に残る。



憂鬱とはまた違う。仕方なさに微笑むような、それでいてどこ
かを目指すような。

立ち止まる

意識がどこかに向かう。想像の中にあるだけではない筈の、どこかには
ある光景を求めているような気がする。書店でイラスト画集を購入し、
『知らないのに知っている』ような情景をそこに見て何かに包まれる感
覚になる。


今の自分には無いものは浮かべにくいのかも知れないけれど、その代わ
りほんの少し踏み出してみたらそこにある、豊かな光景ならどこかに見
つけられると思う。描かれたそのイメージは自分の心を旅立たせる。



心が動き出せば、僅かにこの生身の足を少しどこかに動かせるだけの事
にはなるのだろう。それ自体に価値を見出すような時間はなかなかある
ものではないのかも知れない。けれど合間の時間に、風景の中に溶け込
み、風景の一部として存在しているような感覚になる事は自分にとって
は珍しい事ではない。



ふいに風がそよぐような瞬間忘れている何かを思い出しているのだろう
か、蘇ってくる感じ方。場合によっては既にそういう感じ方さえ珍しい
ものになってきた何から何までの生活感が自分に沁みこんでいると言え
るのかも知れない。



物としてそこに何かがある、というわけではないだろう。それなのに
立ち止まりたくなるそんな場所、求めるものがはっきりしている時よ
りも、もっと遠くに行ける、そんな時間。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR