FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

とっぷぺーじ

ようこそ!!


二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ「スローペース症候群」は二本松の事、趣味の競馬、読書、などの事について書いてゆくブログです。何かのアクションに繋がれば良いと思っていますが基本的にスローペースで、二人で何が出来るかを考えながら進めていこうと思っています。


管理人紹介

管理人H:『ナンセンスに』というブログを書いている方(なんとかさん) ※YOUTUBEのアカウント
@nonsensky

管理人O:浅見家の本棚(レトロゲームも入ってます!)"というブログを書いている方(浅見ヨシヒロ)
@liverpoolxabier

関係者K:『ばからしきすばらしき日々』というブログを書いている(幕田卓馬)
@LL6JS


Twitterも是非フォローしてみて下さい。


短編:


   リアルファンタジー   僕等のぼんくらリターンズ   僕等のぼんくらリターンズ2   歴史に思いを馳せて
   遠く   冬の風物詩   秘密のダシ   唐揚げの怪   僕等のぼんくらリターンズ3
   ザ・クレジット   ザ・クレジット2   ザ・クレジット3   ザ・クレジット4   ノスタルジーを越えて   季節に残すもの   特別な世迷いごと   リアルファンタジー2   今日の空気   散歩のリレー   中学校の毎日   かがやいて   読書のすすめ   寒空のアイス   包まれて   世界の果てから   ささやき   雨に告げる   ビール一杯とノスタルジー   秋の始まり   ゐちゃゐちゃ   金木犀に何かを   秋は読書に   新米の季節   酒に酔い   ココアのように   はずれのゆき   容易ではないのです   悪くない味   同じ未来   デモデモ   あの時の「それ」   星の元に   柔らかな光   6月のある日   応用   またこれから   あの時の   束の間のざわめき   通り過ぎてゆく   心がどこかに飛ぶのなら   喩えようもなく


   燕のジョナサン   心臓のゆくえ   森の熊さん   雨降って地固まる   裏・浦島太郎(『浦島記 大幅改訂版』)   『今日の馬券は当たる気がする』   本棚と先輩   その呟きの先に


 夢十夜               



   イン・マイ・ポケット   雪が降ると 



競馬小説:


管理人O

管理人H


シリーズもの:

Uターン(K氏作)       


祭りの記憶(管理人H)                         完結 祭りのあと



麗しき人の夢(管理人H)                 ⑨―1   ⑨-2   ⑨-3                          完結



フレミングに宛てて(管理人H)                         


ある未来の話(管理人H)   


今後も短編などの作品をアップする事があると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 二本松情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

流れを

「流れ」というものを意識して過ごしている。テンションというか、ある事を思い立った時にそのままその方向に動いてゆくことが出来ればという事を考える時に浮かび上がってくるのは「流れ」だ。

テレビのように連続的な情報の流れは編集されてその形に揃えられている。個別の情報というよりは全体のテンションとか、あるタイミングである情報を流すというその連続が、それを受けなかった場合とは違う効果を自分に与えている、という前提で、自分が自発的に出して行ける流れを考えてみようという発想である。


ブログの更新はタイミングとしては連続というよりは離散的だろう。流れというよりは「周期」として波がやってくるようなイメージである基調情報を更新していった場合、何かしらの効果はあるのだろう。


過去に「新しい何か」として続けていたカテゴリーは、それを維持するのが体力的、技術的な意味で難しいものだった。



「流れ」として、技術的に可能だと思われるクオリティーを続けて、それがその固有性で発展してゆく方向に何があるのかという事を確かめてみるという試みは面白い。


ねんまーつ

凄まじく技術的に難しい事を行なっているような感覚がある。前よりも確かに整ってきている環境で辛うじて可能になっている事はなんだかんだで地平に行く事だろう。


結果的には自分の為にそうするのだとしても、何かを願うようにしてする事はある。「明らかに何かの為」に出来る事はゼロとは言わない、言わないけれど少なくとも直接的なものではない。


「巡り巡って」という希望は異様なタイミングの良さを経験すると嘘とも思えなくなるけれど、逆に毎日気を抜けなくなる。



願っている事はシンプルだ。


「難しいけれどなんとかなれ」


案外それはオッサン臭く、慈愛に満ちているというよりは、なんかもう一杯一杯の響きだなと思う。だが、仮に自分が女神的な響きを持たせられるなら少しはそれっぽくも出来るような気もする。


なんにしても色々求められる年末を乗り切って友人と再会できればなと思う。

ゆく

「何かを動かす」。もしその一つに「自分を動かす」という事が含まれるなら、
例えば重い腰を上げるようによっこいせと口走りそうな具合にブログを更新す
るのも「何かを動かしている」という事になるのだろうと思う。


[はてさて]



読書をしたり、色んな鑑賞をしたり、とにかく自分から何かを得に行くという
事がないと作ってゆく事も難しくなるのですが、その最初の段階に使える余力
がなければ…みたいな話で、自分から動いてゆくという事の最大級ともいえる
「面倒臭さ」と常に争っているというのか、そんな感じです。


ただその『面倒臭さ』は非常に内容のある感情で、分析に分析を重ねてゆくと
それを説明しようとすると物語が生まれるんじゃないか…実際そうやって生ま
れた物語があったような気さえします。



殆どの場合、感覚的にやっている事です。伝わるか伝わらないかギリギリのライ
ンがあって、説明を放棄したくなる瞬間が何度もあって、ある説明のための説明
があって、で結論は割とあっさりしている。紆余曲折のところを省いてみるとご
くごく平凡な日常があって、稀に顔を出してくる『異様さ』に接近すると、その
反応として意識される確固とした内容があります。



切っ掛けは一つではないのですが色々な要因で『面倒臭さ』に…面倒くさい実態
に向き合ってあれやこれや語れる事を作ってゆく、そういうモチベーションが生
じたのは確かです。



[それで]


結局、動いてゆくしかない。色々難しい事はあるけれど、。

『もう』と『まだ』

一時的な気持ちの高ぶりのようでもあり、それが切っ掛けのようでもあり。


休日である今日は本当にだらけようと思っていたのだけれど、フジファブ
リックの新曲がこの上なく心を揺さぶって、その歌詞にあるのように消え
てしまいそうでも強い光を放っているこの願いというか想いを何かに留め
ておきたい、その行く末を見守りたいような気持になっている。



時代が変わるように、新しい雰囲気に伴う感情が生まれてきている。積み
重なってきたし、これからもそうである筈の色々な記憶や情報という名の
何か得難いもの。秋と夏が入り混じっているかのような空気は、『もう』
と『まだ』がせめぎ合っているのだろうか、でも何故かそれが心地よい。




常にここから始める、そしてその先に行く。その時、私は振り切るようで
いて、何処かに尾っぽが残るようなそんな、それさえもが必然であるかの
ような気さえしていて、だからと言ってそれが完全ではないという事でも
ない、そんな風に感じた。



多分、こんな風に自分は動いてゆくんだろうなと思う。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR