FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

とっぷぺーじ

ようこそ!!


二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ「スローペース症候群」は二本松の事、趣味の競馬、読書、などの事について書いてゆくブログです。何かのアクションに繋がれば良いと思っていますが基本的にスローペースで、二人で何が出来るかを考えながら進めていこうと思っています。


管理人紹介

管理人H:『ナンセンスに』というブログを書いている方(なんとかさん) ※YOUTUBEのアカウント
@nonsensky

管理人O:浅見家の本棚(レトロゲームも入ってます!)"というブログを書いている方(浅見ヨシヒロ)
@liverpoolxabier

関係者K:『ばからしきすばらしき日々』というブログを書いている(幕田卓馬)
@LL6JS


Twitterも是非フォローしてみて下さい。


短編:


   リアルファンタジー   僕等のぼんくらリターンズ   僕等のぼんくらリターンズ2   歴史に思いを馳せて
   遠く   冬の風物詩   秘密のダシ   唐揚げの怪   僕等のぼんくらリターンズ3
   ザ・クレジット   ザ・クレジット2   ザ・クレジット3   ザ・クレジット4   ノスタルジーを越えて   季節に残すもの   特別な世迷いごと   リアルファンタジー2   今日の空気   散歩のリレー   中学校の毎日   かがやいて   読書のすすめ   寒空のアイス   包まれて   世界の果てから   ささやき   雨に告げる   ビール一杯とノスタルジー   秋の始まり   ゐちゃゐちゃ   金木犀に何かを   秋は読書に   新米の季節   酒に酔い   ココアのように   はずれのゆき   容易ではないのです   悪くない味   同じ未来   デモデモ   あの時の「それ」   星の元に   柔らかな光   6月のある日   応用   またこれから   あの時の   束の間のざわめき   通り過ぎてゆく   心がどこかに飛ぶのなら   喩えようもなく   メモと言葉


   燕のジョナサン   心臓のゆくえ   森の熊さん   雨降って地固まる   裏・浦島太郎(『浦島記 大幅改訂版』)   『今日の馬券は当たる気がする』   本棚と先輩   その呟きの先に


 夢十夜               



   イン・マイ・ポケット   雪が降ると 



競馬小説:


管理人O

管理人H


シリーズもの:

Uターン(K氏作)       


祭りの記憶(管理人H)                         完結 祭りのあと



麗しき人の夢(管理人H)                 ⑨―1   ⑨-2   ⑨-3                          完結



フレミングに宛てて(管理人H)                         


ある未来の話(管理人H)   


今後も短編などの作品をアップする事があると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 二本松情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

熱を持って

気持ちを保ち続けるのは難しい。留めておくというよりは、自分の感情やテンションの流れを波のように経験しつつ、浮上すべきところで何かを跡付けて残してゆくその全体の基調を保ってゆくようなのが最善なのかも知れない。

GLIM SPANKYというアーティストの「大人になったら」という曲で何かを(意識を)呼び覚ますように何かしら自分に訴えかけてゆくようなブログなんだろうなと思う。

忘れかけたり、もういいよなって思っている時に限って何かを見つけたり、何かが起こったり、その度に本当と思いたくなる自分の感情に思い至ってしまう。その繰り返しはそれ自体意味深で、しかも馬鹿正直なところがある自分はその度に熱っぽい事を語ってしまう。


それを見ているもう一人の自分なんて嘘ではないけれど何だか言い訳みたいな存在だ。でも世間的に言えばそれがなきゃ、と何処かで思ってしまうし安心もしている。


答えはない。少なくとも現実に立ち向かって行こうとするとどうしようもなく気持ちが大事で、どうあっても今の自分でやれるところまでやるのが最善という事が分かっている。


砕けたって、どうせその砕けたものに縋る。「俺今凄く良い事言ってんじゃね?」すら笑い話で、本当に本心からそんな事を言っていたら狂気の沙汰だろうとシリアスキャンペーンをやる。


どこにある自分が本当なのか。同じ基調の波に身を委ねつつ確かめて、先っぽに辿り着く。


やっぱ良いものは良いんだよな、そんなの作りたい。切なくなるくらい。



何だかんだでそこに立ち返る。何処かに行けるなら、この熱を持って。

思い直し

出来るだけの事はやっておかないとなと思い直す。そこでは毎回、そう思い直すような出来事が起こってきていてその辺りで必然性を感じてしまう。


もう十分だと思えるのは一時的で、何処かで何かが起こっている以上、次に向かう流れになるのも仕方のない事なのかも知れない。


常識的には自分がどうする事も出来ない事で、巡り合わせとして凄く期待をしていられる状態になるのは難しい、と分析するべきという判断さえしそうになる。期待を抱いて行動した結果で何かを成し遂げるという可能性があるなら、少なくとも「イケる!」と思ったままで行ってしまう事が稀というか、そういう天分というか。


なるべく期待をしたいなと思う。松岡修造さんの本を読んで感化されて行けるならその方が絶対に良い。作品に表して行くのも、自分としてはいいイメージが目標だ。


「悩ましさ」だけはただ健全さの証として記憶はしていたいなと思う。

僕は僕に

この全てを言い表せるものなら魂まで

春を待ち望むその心に穏やかなものが宿る

感じさせるような希望なら

幾つもの季節を超えて


書き始めた物語のように少しずつ広がって行く

今に至る全てとこれからの全て

楽しみに待つ事は一番の肯定だから

楽しみに待てる事は強さかも知れなくて


期待していてくれ


僕は僕に


そして

いくつか

休みの日でまったりしながら録音したものを聴いている。Kくんにはメッセージを送ったのだが、純粋に「活動がしたい」という気持ちが今は強くなっていて、その際誰かを喜ばせられたらいいなという具体的なモチベーションが意識されてきた。


作品にして発表するというのが現状の活動である以上、日々作品になるような事を探したりイメージしたりする工夫をする必要がある。


作業の分担としては私が作曲でKくんが作詞というのが理想なのかなと思うが、メロディーにしてもどういう雰囲気なのかとかそれ位はまとめておかないとなかなか出てこないもの。


色々出してきた「今の地点」というのは今までと同じようでいて少し勝手が違うような気配がする。


「どこに踏み出して行くか」という事について、限定はされてきているけれど幾つかあるような感覚とでも言おうか。まあ時間の許す限り全て試してみるのも良いのかも知れない。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR