FC2ブログ

スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

とっぷぺーじ

ようこそ!!


二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ「スローペース症候群」は二本松の事、趣味の競馬、読書、などの事について書いてゆくブログです。何かのアクションに繋がれば良いと思っていますが基本的にスローペースで、二人で何が出来るかを考えながら進めていこうと思っています。


管理人紹介

管理人H:『ナンセンスに』というブログを書いている方(なんとかさん) ※YOUTUBEのアカウント
@nonsensky

管理人O:浅見家の本棚(レトロゲームも入ってます!)"というブログを書いている方(浅見ヨシヒロ)
@liverpoolxabier

関係者K:『ばからしきすばらしき日々』というブログを書いている(幕田卓馬)
@LL6JS


Twitterも是非フォローしてみて下さい。


短編:


   リアルファンタジー   僕等のぼんくらリターンズ   僕等のぼんくらリターンズ2   歴史に思いを馳せて
   遠く   冬の風物詩   秘密のダシ   唐揚げの怪   僕等のぼんくらリターンズ3
   ザ・クレジット   ザ・クレジット2   ザ・クレジット3   ザ・クレジット4   ノスタルジーを越えて   季節に残すもの   特別な世迷いごと   リアルファンタジー2   今日の空気   散歩のリレー   中学校の毎日   かがやいて   読書のすすめ   寒空のアイス   包まれて   世界の果てから   ささやき   雨に告げる   ビール一杯とノスタルジー   秋の始まり   ゐちゃゐちゃ   金木犀に何かを   秋は読書に   新米の季節   酒に酔い   ココアのように   はずれのゆき   容易ではないのです   悪くない味   同じ未来   デモデモ   あの時の「それ」   星の元に   柔らかな光   6月のある日   応用   またこれから   あの時の   束の間のざわめき   通り過ぎてゆく   心がどこかに飛ぶのなら   喩えようもなく   メモと言葉   君なら   部屋一杯に


   燕のジョナサン   心臓のゆくえ   森の熊さん   雨降って地固まる   裏・浦島太郎(『浦島記 大幅改訂版』)   『今日の馬券は当たる気がする』   本棚と先輩   その呟きの先に


 夢十夜               



   イン・マイ・ポケット   雪が降ると 



競馬小説:


管理人O

管理人H


シリーズもの:

Uターン(K氏作)       


祭りの記憶(管理人H)                         完結 祭りのあと



麗しき人の夢(管理人H)                 ⑨―1   ⑨-2   ⑨-3                          完結



フレミングに宛てて(管理人H)                         


ある未来の話(管理人H)   


今後も短編などの作品をアップする事があると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 二本松情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これにて

フェードアウト。

5月5日

作曲のような事を過ごしている。ギターのコード進行を考えつつピンとくるような雰囲気を出せるかを試していて、ストックは溜まっている感じがする。ここに何かはっきりしたテーマが見つかると自然とメロディーが浮かんできたりすると思うのだが、『クセになるメロディー』でないと望んだものではないらしい。


知り合いからアドバイスを受けて以来、地道にメモを作ったりやれる事を探している。どうしても作らなきゃ、というより楽しむ方向で作業をしていると信条にしている「ストイックさ」をどういう風に発揮してゆくかで少し悩ましい感じ。

それは

君を君にする何か

言葉でもなんでも 届かないと思って

でも確かにあって


せめぎ合う気持ちの中に 祈りが

君にはそれができるからと


抱えながら生きてゆければ

時間さえ 飛び越えて行ける


果てしなさすら 味方にして

何を

何かを見出している時の印象というのは大事だ。結び付けてゆく力に溢れた言葉と豊かなイメージが自ずから行き着く場所はそのまま「そうありたい自分」を呼び覚ますというか。


世界というよりも、誰かの中にある光を感じているかのようでそれを光と思う自分も何かを有しているのだろうなと信じていいのだろう。


たぶん、何のことはない少年性みたいなもので、見出してときめける力がそれだとするなら、どういう風に流されていても、こういう感情に素直に導かれた方が良いのだと思う。



何というか、そう言いつつ大変なんだろうなと思う。何を自分に与えてやれるだろう。
プロフィール

二人の管理人

Author:二人の管理人
ブログには珍しく二人の管理人で更新してゆくブログです。

二本松のこと、競馬のこと、これから手探りで何かを
やってゆこうと思っています。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ただのカウンター
フリーエリア
投票
google+
プロフィール
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR